FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  小泉雅二さん(9)



異常な温室


花という花は咲くのに

ここには

胡蝶が来なかった


今年も

りゅうぜつ蘭は

黒い花を咲かせた



だれも見向きはしない


つぼみは

ひらかぬさきに枯れてゆき

花びらは

みのらぬさきに

散ってしまったりする


けれど

他目には

さほど異常な温室だとは

想わないらしい

━━ぼくが狂人なのだろうか━━


 胡蝶を待つ身体に

 棘がはえそうだ


外は

季節の風が吹いているのに・・・








注射



固い光の先が

皮肉を突きぬけて

いやに にごった血を吸いこむ瞬時

ぼくは顔をしかめる


 けれど それは

 今日から明日への危うげな期待と

 苦悩の集積


重く押し入る薬液の

息詰まるほどのながさは

線香花火の

もえつきた後に残された

眸穴の幻映


ぼくは

唇に意味の無い笑いをひろげる









流星



みとめられなかった 生命が

華々しい仲間たちに

さびしい微笑の別れを

わずかな秒数にきざんでは燃える


真暗い世界に生きて

その生命の終りに

やっと 身を摩擦した輝きは

たとえ地上に亡骸が残らなくとも

 燃える生命と

 擦り減る生命を

誰れかが知っていただろう


夜毎永遠の美を誇る仲間たちよ

ぼくは

あなたたちのような偉大さを知らなかったが

それでも燃えたのだ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

肉ジャガ

  
IMG_8626_20190118190146fc3.jpg IMG_8630_20190118190148804.jpg IMG_8633_20190118190149a12.jpg

熱した無水鍋にバターを入れ、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、グリンピースを置き、15秒湯通しした豚肉100gを置き、ニンニク1片の薄切りを置き、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、4分ほどで煮立ったら極弱火にして25分、火を消して余熱5分で蓋を開け、混ぜて出来上がり。



ヤーコン炒め

IMG_8634_201901181901510a0.jpg

熱したフライパンに油を入れ、短冊切りしたヤーコンを炒め、醤油とカレー粉で味付けして出来上がり。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン

このページのトップへ

ウィンザー通信

このページのトップへ

長島愛生園  小泉雅二さん(8)



精神病院での会話

━━らい院外出(その一)



精神病院の門柱をくぐって

金網と

鉄格子を意識する

病棟から出てきた男が

いぶかしい顔でぼくをみる

「おまえはどこからきたのか?」

と言い

「ここはらい病院じゃあない!」

と拒絶する


視点の狂った男の眼がぼくを圧迫している


狂った患者を凝視めるらい患者と

らい患者を追い出そうとする狂った患者と

どちらもが

正常さを求めているのだ


金網の 奥の

泣いたり 笑ったり 喚いたり

のなかで


看護婦は言うのだ

「正常にみえても みんなどこかが狂っているのです━━」


ぼくは、ぺこりとうなずいてみせたが

・・・? ・・・?

「狂っているということはどういうことですか?」








非常ということは

Sが喀血したぞ

Sが喀血したぞ!

Sが喀血したぞ‼

<らい・肺>の二重の病気なんて非常だネ


・・・・・・・・うるさい‼

静かにしろ!

らい病の熱発で 肺病の喀血で そのうえ

胃ケイレンに眼球痛のしている奴はざらにいる


化物のようなかおでもくやし涙が出れば幸福だよ



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  小泉雅二さん(7)



焦燥
━━眼球結節焼切手術



地球が視点を病んでいる


手術室に

焼灼が発火する らいの眼球だ


恋人よ

言葉はいらない

まして白杖は叩き折れ

俺に石油をぶっかければよい


<宿命>の火葬だ

たとえ 爪弾かれるギターの曲が

紋白蝶の軽やかさであっても

暗い海底に沈む泣きぬれたものでも

らい院に正常な眼球はない

どれ程の感動もありはしない

たとえ たとえだ

わが子の産声をきいたとしても

瞬時に

裏腹になる

喜びの深部で化石する罪


らいの断種を迫るなら女を殺せ

らいのしばり首はお笑い種になる


らいの理性は人間の死骸だ

眼球が欲しい 眼球が欲しい

眼球が欲しい

千里むこうのみえる

眼球を売る奴はいないか


恋人よ

失しなわれゆく視力の

俺の眼球ふたつと

おまえの病まない性を天秤にかけるか⁉


それでもらいは治る








砂の上の家で


「砂の上に家を建ててみたいの」

「ナマ殺しにされてもか」

洗濯機がまわって

俎がリズムづいている

朝っぱらから・・・と

それでも

泉のようなどん欲を握りつぶせるものか


障子のすき間から青緑の陽光がもれる

透明な柱

透明な瓦

透明な二人の家

窓から ぼくのプラトニック・ラブが呻めき

志保子は

来るべき暴風が来たのだ と目を閉じる


━━未来のモラルを誕生させるのよ


雨上りのアスファルトに

医局行きのサン・グラスをさがす

ぼくに

「お昼なにが食べたい?」

いそいそと買物籠をさげてついてくる志保子


━━男子独身寮に女の子が居ても不思議じゃないわ


「女王蜂だなあ 志保子」

「いやーだ だってね さっき洗濯物ないって言ったら みんな両手でかかえてきたのよ あれ 一日中かかっても処理出来やしないわ こんな女王蜂っているかしら」


さて それから ぼくは

買物籠に入れられて帰ってくる

志保子は

うたいながら洗濯機のスイッチをいれ

ジャガイモをむく

包丁をすべらせながら

うれしくなり

らい院には信じきってもいい人間がいる



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  小泉雅二さん(6)


海壁

海がある

むこうに幸福の灯がみえる

すくなくとも幸福の灯がみえる

灯がみえる

海を渡らねば幸福がない

渡らねばならない

海がある

壁がある

海に壁がある

部厚い壁があるのだ


━━海


少年は五月空の鯉のぼりとなり

少女は脈動する柔肌を黄昏に沈める


おだやかな

殺人鬼の貌ではない


永い日々を

歩き続けることを教え

黙することを教え

岸に佇つことを教え

嘆き

うろたえ

絶叫させたのは誰か


らしん盤を失い

主軸を失い

それでも北極星に希いをこめる


━━難破船


沈まずに居ることに

どうにか生きのびようと

おなじところを行ったり来たり

そして立ち止って顔をあげ

海面を眺めて溜息する

この生命に喜びが得られるか

と己れをおもい

何時か海が檻になる

海が鉄格子になる 金網になる

己れは囚人になり 猿になり

熊になり 猫になる


━━海壁


海に壁のあるはずはなく

海に壁のあろうはずもない


船が難破する

人々が砕ける 狂って波しぶきになる

立ちはだかる壁を

崩さねば人々の栄えはない

少年の無心な海に壁がある

少女の歓喜する海に壁がある


しずかな海に壁がある


越えねばならぬ

破らねば幸福がない

檻がある

金網がある

人間が猫に劣る

壁がある

海に壁がある


海壁がある



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

豆腐の蒸し煮


IMG_8611_20190117184140ffb.jpg 
IMG_8615_20190117184104c3b.jpg

タジン鍋に、重石をして水切りした豆腐を置き、生姜1片をすりおろし、ニンニク醤油をかけ、まわりにネギを置き、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。


味噌汁

IMG_8602_201901171841349ce.jpg IMG_8607_20190117184137f00.jpg

ダイコンとニンジンの千切りを鍋に入れ、水とダシの素と削り節を入れ、煮立ったらざく切りしたハクサイを入れ、再度煮立ったら弱火にして7分ほど煮て、味噌を溶き入れ、ネギとシュンギクをふって出来上がり。



カブの甘酢漬け

IMG_8608_2019011718413902d.jpg IMG_8613_20190117184102f77.jpg IMG_8617_2019011718410594e.jpg 

カブは薄切りして塩を多めにふってもみ、しんなりするまで1時間以上置く。

1カップ余りの水を沸騰させ、火を止めて削り節を入れ15分ほど置いて、茶こしで濾すと出し汁の出来上がり。酢を120CCと砂糖を50g入れて溶かし、ユズ1個の皮をすりおろす(生姜1片でもよい)。

カブはさっと水洗いして塩分を落し、水気をしぼりながら瓶に入れ、冷めた甘酢を注ぐと出来上がり。

前回、色付けに入れた梅と梅シソは、色はつかなかった。



真タラのアラのバター醤油

IMG_8620_20190117184107c0b.jpg

熱したフライパンにバターを入れ、15秒湯通しした真タラに片栗粉をつけて入れ、蓋をして弱火で裏表5分ずつ焼いて皿にとり、醤油をかけて出来上がり。


卵とホウレンソウ

IMG_8622_20190117184108436.jpg    

定番です。


ダイコンおろし

IMG_8605_20190117184136bc3.jpg
  
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン

このページのトップへ

私のエッジから観ている風景

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ