あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ニンジンの酢醤油



IMG_4121_201704212128334e8.jpg
 IMG_4123.jpg

ニンジンは拍子木切りして水から茹で、煮立ったら弱火にして5~7分ほど煮て、やわらかくなったらザルに上げ湯切りする。

ボールに醤油大さじ2、酢大さじ1と半、みりん大さじ1、砂糖少々を入れて混ぜ、ニンジンを入れ、すりゴマをふって混ぜて出来上がり。

ハンバーグ等の付け合わせの「ニンジンのグラッセ」より「ニンジンの酢醤油」の方がおいしい。





豆腐とタマネギの煮物

IMG_4115_201704212128302d2.jpg

タジン鍋にタマネギのスライスと葉のざく切りを入れ、豆腐を入れ、ニンニク2片を薄切りして入れ、大さじ1と半のニンニク醤油で味付けし、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。



豚肉とタマネギ炒め

IMG_4110.jpg
 IMG_4112.jpg IMG_4116.jpg

豚肉100gは15秒湯通しする。熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の薄切り、豚肉、タマネギのスライスの順に炒め、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。
   


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

第3弾 捕獲   第4弾 入居


連日の分蜂(第3分蜂)だった。今日は朝のうちは時おり小雨がぱらつくような天気だったが、昼前から好天になった。

いつもの時間帯に分蜂がなかったので、今日はないだろうと思い買物に出かけたが、やはり気になって、昼食をすますとすぐに田んぼへ行った。ちょうどその時、分蜂が始まった。今回は12時45分頃だった。

いつもの木の幹に止まるだろうと思っていたが、今日は近くの待受けのキンリョウヘンに蜂球ができて、箱に入ろうとしない。だから、キンリョウヘンを被っているネット(ミツバチの受粉を防ぐための網)をハサミで切って持ち上げ、箱の中にふるい落とした。しばらく様子を見ていたら、残りの蜂も15分ほどで箱の中に治まったので、女王蜂が取り込めたのだろう。

この第3分蜂は、片道1時間半ほどの予約客が持ち帰られた。


その後、山に上ったら、どうも入居しているような動きをしている巣箱があった。そばに置いているキンリョウヘンを除けてみても、出入りは活発だったので、現場は見ていないが入居を確信した。この第4弾がことのほかうれしかったのは、当方の元巣からではなく、半径2キロ内のどこかで飼われている、もしくは野生の自然巣からの分蜂だから。

この第4弾は明日以降につながっていく・・・。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

タマネギとシイタケの煮物


IMG_4083.jpg IMG_4093.jpg IMG_4106_2017042022395116c.jpg

鍋にタマネギとシイタケのスライスを入れ、練り製品を入れ、水を少し入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、煮立ったら弱火にして5分煮て、タマネギの葉の部分を入れ5分煮て出来上がり。



タケノコの佃煮

IMG_4085_20170420224053a0f.jpg IMG_4088_20170420224023312.jpg IMG_4102_20170420223948252.jpg

前回下処理していたタケノコの残りは、同じく佃煮にした。

下処理した竹の子をスライスして鍋に入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、水を少し入れ、煮立ったら弱火にして3分ほど煮て、カツオブシを半袋入れ、さらに2分ほど煮て出来上がり。



ハーブティ

IMG_4097_2017042022402827a.jpg IMG_4099_20170420223945273.jpg IMG_4101.jpg

左からタイム、アップルミント、セイジで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らし、ハーブを取り出して出来上がり。



卵焼き
   
IMG_4087_20170420224022112.jpg IMG_4091_201704202240253c1.jpg IMG_4105_20170420223950021.jpg 
  


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ハミ(マムシ)を仕留めた


定植した苗物の水やりをするために井戸の蓋を開け、つるべで水汲みを始めて、ふと見たら井戸の外周の10センチほどの窪みにハミ(マムシ)がとぐろを巻いている。

まだ4月20日であり、ハミの出る時期としては早いので、ちょっとびっくりした。

ハミは殺しておく必要がある。鍬の一撃で仕留めた。一撃で仕留めないと逃げられる。

数年前にもこの井戸でハミを仕留めた。だから井戸まわりは注意をしている。

ハミと普通のヘビとの違いは、

(1)まず一番に頭が三角かどうか確認する。ハミは頭が三角。

(2)ハミは逃げない。多分、強いという自信からだろう。普通のヘビは、ヘビの方から逃げだす。

(3)ハミはとぐろを巻いていることが大半で、ヘビはとぐろを巻くことは少ない。

(4)ハミは色が土色に近くて目立たず、模様が独特。

(5)ハミは短く、ヘビは長い。

(6)ヘビと違ってハミは、同じ場所にいることが多い。だから、一度見かけた(仕留めた)場所は覚えておき、どういう状況の時に遭遇したかも覚えておく。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

成鶏との別れ、ヒヨコの導入



最後まで残った16羽のニワトリを今日、ニワトリをたくさん飼っている友人に引き取ってもらった。

4年経過ごとに入れ替えている。3週間後の5月12日にヒヨコがまた入ってくる。

Aさん  メス20羽
Bさん  メス20羽  オス1羽
Cさん  メス12羽
当方   メス20羽  オス1羽

合計で、メス72羽、オス2羽が宅急便で送られて来る。
メスは1羽300円、オスは1羽50円。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム