FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

泣き言


新しく何かを導入すると、導入するときにはこんな問題が生じるとは想像もしなかったことが生じる。


もう5年も前のことだから、その時に困った問題も忘れてしまっていた。


でも泣き言は言えない。高い買い物だし、慣れるしかないのかも知れない。


一つは、キーボードのenterキーが小さくなっていて、小指がうまくタッチできない。


一つは、キーボード全体が少し小さくなっていて、打ちづらい。


一つは、ユーチューブで聞くクイーンの音質が、かなり質が落ちている。音痴の自分でもわかるくらいだから、この音質では癒しにならない。以前の同じNECのパソコンから流れるユーチューブのクイーンには、今までずっと癒しになっていたのに。


ユーチューブに関しては、それぞれの方が持たれているパソコンによって、音質や音感がかなり異なるのではないかと、初めて気づかされた。


スマホでも聞けるのだったら、どんな音質なんだろう。今度、スマホを持っている人にクイーンの曲のどれかを聞かせてもらおう。


キーボードに関しては、キーの右側に1~9の数字が入るようになってから、その数字を使わない自分にはかなり不便を感じた記憶がある。


ウインドウズXPのパソコンの時は、キーボードの配列の右側に1~9の数字のキーボードはなく、ブログを始めた時のパソコンがXPで、このキーボードが、自分にはとても打ちやすく、このキーボードのおかげでブログを軌道にのせれたといっても過言ではない。それまでのウインドウズMEのキーボードは、キーに厚みがあり(キーの背が高く)、入力するときに、一字打つごとに、カタカタという音がしていた。


ぼくにとっては本当にありがたいXPだったが、とうとう故障して使えなくなった。その後は、DELLのパソコンを1台目(INSPIRON1300)、2台目(INSPIRON1545)とパソコンの先生に買ってもらっていたが、その頃はまだ、キーボードの右に1~9の数字のキーボードはなく、一番右側にenterキーがあって、XPと同じだったので、打ちやすかった。


その後、パソコンの先生が学校を卒業して就職されたので、なかなか時間がとれなくなり、ヤマダ電機で自分で買ったのがNECの1台目で、今回買ったのが2台目。(XPはNECだったような気もするので、そうだったら3台目。XPはブログを始める前に他の先生に買って頂いたもので、長く親しんだ機種だがすでに手元になく、記憶が定かでない。)


12万円ほどの高い買い物だったから、買い替えは頭になく、このキーボードに慣れていくしかないが、ユーチューブの音質が悪い(音痴だが前の機種と明らかに違う)というのが、ちょっと身体にこたえている。パソコンの先生によく聞いてみたい。


メガネ(まだ買いに行けれていない)の時もそうだったが、家に帰ってメガネをつけて生活してみて、あるいはブログを何日か入力してみて、ユーチューブを聞いてみて、初めてわかるとは・・・



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

今日のクイーン(再1)  61

このページのトップへ

阿修羅

このページのトップへ

松丘保養園  山野辺昇月さん(2)



冬に咲く花あり俺も生きるのだ




命抱きしめて草の実地に還り




猫の眼に心の隙間を見すかされ




孤独ではなかった影と二人座し




双手萎え陶器を洗う気の疲れ




面会を帰し寂しい膝を抱き




仰臥する眼に逞しい夏の雲




貧血の思考力まで干からびる




眼が見えるだけの取柄を頼られる




子を持てぬ膝へ仔猫が来て眠り




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ピーマン炒め


004.jpg 009_20190615183301af9.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ベーコン2枚の細切り、ピーマンの細切りの順に炒め、ニンニク醤油の鱗片2個を粗みじん切りして入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。




味噌汁

001_201906151833228c0.jpg 006.jpg

ダイコンとズッキーニの千切り、タマネギを鍋に入れ、水とダシの素と削り節を入れ、煮立ったら弱火にして10分煮て、味噌を溶き入れて出来上がり。




目玉焼き

011_20190615183300497.jpg 015_201906151832594ba.jpg 018.jpg

熱したフライパンに油を入れ、卵を2個入れ、ベーコン1枚を半分に切って入れ、ざく切りしたレタスの水気をしぼって置き、弱火で4分、余熱1分で蓋を開け、醤油で味付けして出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

昨日と今日の気になった記事


最近、ブログの更新方法を「推奨動作環境」に変えたら、どうもうまくできません。それと、パソコンに不具合が生じて、5年ぶりにパソコンを買い替えたら、同じNECですが、てがってが異なり、更新にやたら時間がかかっています。

公開してからの訂正もうまくいかず、今後しばらく、お見苦しい点があると思いますが、笑ってお見逃しください。



折々のことば

夫「お前は社会を知らないから駄目だ(世帯主の俺が行く)」、妻「あなたは社会の歯車だから駄目よ(私が行く)」・・・ある夫婦
原発をめぐる住民主体の協議会への参加依頼が妻あてに届いた時、夫婦間でこんな会話があったらしい。地域の課題を行政や専門家に委せずに”わがこと”として引き受ける意見や良し。さてこの二人、その後どう動いたか、知りたい。

ぼくは、妻の方が斬新な考えをすると思う。しかし、人前できちんと話せるのは夫の方かもしれない。




季刊「発達」━つながる機会失うことも貧困

私たちはさまざまな人と出会い、関りながら育っていくのだと思います。しかし、現在では、豊かな出会いや経験を得るにも経済力や外とつながる力が必要になっていることに気づかされました。(丸山碧編集担当)




フェイクニュースと戦う

海外の大手メディアは正面から「フェイニュース」に立ち向かおうとしている。例えばフランスのニュース専門メディア「FRANCE24」。SNSで流れた映像を取り上げ、事実関係を丹念に精査し、具体的に証拠を挙げ、誤りを指摘して客観的に正しい内容の報道を伝え直す、という番組を作っている。
 番組の最後にキャスターは「SNSで流れる映像やコメントをそのまま無批判に信じてはいけない。私たちは、今もこれからも、事実に基づいた客観的で信頼に足る報道を行っていく」と宣言する。
 極論やヘイトスピーチ、誹謗中傷、フェイクニュースが氾濫し、権力でさえSNSを使って世論を操作しようとする時代、プロの報道機関がなすべきはこういうことではないか。
 政府の発表する情報を無批判に流すだけのどこぞの国の報道機関は、ぜひ原点に立ち戻って自分たちの役割を問い直してほしいものだ。

「晴天とら日和」さんに出てくるブログを見ているうちに、リベラルと言われる朝日新聞や毎日新聞にも、かなりの忖度記事があることに気づいた。そして政治問題は「両論併記」にして、中立を装っているような記事の出し方をしている。



令和の五輪・万博

・・・老朽化した社会インフラは、人口減に合わせてむしろダウンサイジングが求められている。こうなると、令和の<五輪・万博セット>は有益でないどころか、むしろ有害でさえある。
 巨大イベントで景気を浮揚し、経済成長を実現する━という神話は、現代でも世論に受け入れられやすい。すでに開催が決まったのだからいまさら異論を言っても始まらない、という意見もあろう。
 ならば目を凝らして見ておいてほしい。成熟社会における五輪と万博の行く末を。それが何をもたらし、何をもたらさなかったのかを。そして、よく思案してほしい。宴の跡のあの島を、これから何の象徴として、どう後世に伝えていくかを。(多事奏論 朝日新聞・編集委員、原 真人)



カナダ 21年にも脱プラ

 海洋プラは世界的な問題となっており、今月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも議題になる見込み。日本は来年の東京五輪前にレジ袋有料化の法制化に取り組む考えを示しているが、より厳しい規制が今後の潮流になりそうだ。
 昨年の主要7カ国(G7)首脳会議では、プラごみを減らす具体策を各国に促す「海洋プラスチック憲章」に日本だけが署名しなかった。国連環境計画(UNEP)によると、1人当たりの使い捨てプラ発生量で米国は1位、日本は2位だった。

農業現場でも、支柱等に結ぶ「ひも」や「もみ袋」が、露天だと約1年で粉々に分解してしまうような化学繊維を使っている。
 

2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

今日のクイーン(再1)  60

このページのトップへ

情報収集中&放電中

このページのトップへ

松岡保養園  山野辺昇月さん(1)



二月の陽母の慈愛に似た温み




ラジオから蹄の擬音春を呼び




五指曲る両手に春の陽を掬い




夢で呼ぶ母の名こだまにもならず




父の忌に父の酒癖などにふれ




妻の語に打ちのめされる二日酔




己が描く波紋の中の水すまし




今日もある命大事に歯を磨き




帰心矢のごとし車窓の雲と駆け




目立たない歩巾六十年を生き




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

野菜の蒸し煮

005_20190614185250b67.jpg 007_20190614185250e9f.jpg 009_20190614185244975.jpg
031.jpg

無水鍋の下敷きにタマネギを置き、乱切りしたズッキーニとインゲンを置き、生姜1片をすりおろし、ニンニク醤油の鱗片2個を薄切りして入れ、酒、醤油、みりんで味付けし、4分ほどで煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。


ダイコンおろし

014.jpg

小魚のポン酢浸し

002_201906141852433ec.jpg

1分湯通しした小魚を冷水にとり、お椀に入れ、ポン酢を注いで出来上がり。


ニンニク醤油作り
  012.jpg 016.jpg 017_201906141852147b3.jpg
ニンニク3球の皮をむき、水で洗って瓶に入れ、醤油を注ぐと出来上がり。
一昼夜常温に置き、その後は冷蔵庫で保存する。
目玉焼き

022.jpg020.jpg
3分茹でたサラダ白菜をまわりに置いた。


サラダ白菜と魚ソーセージ炒め
025.jpg
熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、魚ソーセージ、サラダ白菜の順に炒め、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ