あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

北條民雄さん  癩院記録(6)

ハンセン病文学全集4「記録・随筆」P546~P549を抜粋しました。


 「ちゅうしゃだよう━━注射だよう。」
農園や印刷所や豚舎などで働いていると、遠くの方からそういう声が微かに聴こえて来る。「ああ、注射が始まったなあ。」と彼等は、鍬を捨て文選箱を投げて注射場へ集まって行く。大楓子油の注射である。

 注射は医局と、風呂場にくっついている外科の出張所と二ヵ所で行われる。遠くで働いている患者達に報せるためにメガホンでどなるのである。早く来た者から順にずらりと列を作って、自分の番の来るのを待っている。或る者は腕をまくり或る者は臀をまくっている。看護婦がぶすぶすと針を刺していく。五グラムの注射器であるから、針は太く、ここへ来たばかりの者はちょっとびっくりしてしまうが、患者達は平気である。自分の腕や股に、畳針よりちょっと細いくらいの針がぶすりと突きさされるのを平然と眺めている。顔をしかめ、息をつめて「ああ痛い。」と大げさな表情を作って見せると、看護婦は笑いながら、
「眼が醒めたでしょう。」
「ああ全く眼が醒めた、こら、こんなに汗をかいたぜ。」
が、その実は麻痺していてちっとも痛くなかったりする。そして帰りにはしみじみとした気持ちになって、
「一本注射をうつ度に一つずつ結節が無くなって行くといいんだがな。」
「大して効かんのが判ってるんだからなあ、気休めだ気休めだ。」
「しかし、大楓子は全然効かんのかなあ。」
「いや、確かに効目はあるそうだ。完全に治りきることは出来んが。」
「しかし雑誌に書いてあったよ、再発後は丸切り効かないって。」
「そんなことあるもんか、ようく見てみろ、大楓子をやらん奴はみな早く重って行くよ。やってる奴は重るのが確かに遅い。それから重くなっても、大楓子やってる者は膿があんまり臭くないそうだぜ。こりゃ効いている証拠だい。」

 大楓子が効くと力説することが自慰のようにはかない夢であるにしろ、やはり唯一のこの治療薬を全然無価値のものとは思いたくないのである。

 しかし中には全くあきらめている者もある。そして注射するのはただ永年の惰性であったり、また全然注射場へ現れないのもある。だが殆どが、大して効果のないものだということを知っており、まあやらんよりはましだろう、というくらいの気持ちである。

 これはこの病院にもう二十年余り暮している人から聴いた話であるが、なんでも昔は、患者達が注射というと奇妙に恐怖したり嫌悪したりして逃げ廻って注射されようとしない。そこで仕方なく医局から大楓子注射の懸賞が出されたという。つまり一ヵ年のうちの注射の数を記録して、最も多いものに賞品が与えられたのである。

 それから較べると今の患者はずっと向上しており、注射しない者は非常に少数である。一体に癩者は医学というものを信頼しない傾向がある。それは今まであまりに幾度も医学にだまされて来たせいであろう。時々新聞で誇大に取扱われる癩治療薬の発見なども、療養所内の患者はたいていが馬鹿にしていて喜ばない。「ふん治るもんか。」と彼等は呟く。しかも治療薬の出現を待っていないのではない。半ばあきらめながら、しかしひょっと意外な薬が、たとえば梅毒におけるサルバルサンのような薬が、発見されるかもしれないと夢のような希望をもっている。こういう希望が夢のようなものであることは意識しながら、やはり捨て切れないのだ。だから彼等は療養所で研究を続けている医者の言葉となると非常に信用する。それはその医者が永年の間癩ばかりを見、癩を専門に研究していることを知っていると同時に、他の医者のように誇大で断定的でないからである。

 たとえば、この前「金オルガノゾル」が発表された時も、患者は丸で相手にもしなかった。ところが一日院長が全患者を礼拝堂に集めて、この薬の内容を説明し、効目があると思われるから試験的にやってみたい、希望者は申し込んで欲しい、と述べると、忽ち信用して、申込みは文字通り医局へ殺到した。が、残念なことにこの薬は効果がなかった。
「結局、どんな薬をやったって効きやしない。」とみな苦々しく呟く。

 そういう訳で、彼等は学説よりも自分の体験を重んじ、先輩の言葉を信用する。大楓子油にしても、たとえ今もし医学が、これは全然癩に対して無効果であると発表したりしても、決して注射をするのをやめはしないであろう。たいした効目はないが、しかしやった方が良い、いくらかの効目はある、ということを経験の上で知っているからである。こういう常識的な経験に信を置く結果、意外な失敗をやることがあると共に、また癩者独特の治療法を発見することもある。

 そのひとつに「ぶち抜き」というのがある。誰がこれを考え出したのか私は知らない。しかし長い間のうちに何時とはなしに患者間で行われるようになったのだろう。

 それは両足に穴をぶち抜くのである。と言うと誰でも吃驚するに違いない。そこで説明を要するが、手っ取り早く言えば両足に一つずつ穴をあけて、そこから全身に溜まっている膿汁を排泄しようという仕掛なのである。足といっても、勿論どこへでもあけるのではない。やはり決まった場所がある。長い間の経験で自然とそこに定められるようになったのであろう。それは、内踝の上部三寸くらいのところで、比目魚筋の上に団子くらいの大きな灸をすえるのだ。間違っても脛骨の上にすえてはならないそうである。先日私の友人の一人がそれをやったから、一見しておくに限ると思って見に行ったが、何しろ団子ほどもあるもぐさ(決して誇張していない)がぶすぶすと燃え出すのだから物凄い。
「おい熱かないか。」
と言うと、
「麻痺しているからな。」
と彼は笑いながら、横から団扇で煽る。じりじりと燃えて行くと、皮膚がぶちぶちというような音を立てて焼ける。

 もぐさが全部燃えてしまうと、その焼痕は真っ黒の水膨れになってぶくぶくしている。その水疱を彼は無雑作に引き破ってしまうと、真赤にただれた肉が覗いている上に、消毒した新聞紙をべたりと貼りつけてぐるぐる繃帯を巻いて知らん顔しているのである。

 続いてもう一方の足を焼いたが、今度は少し焼け過ぎて、水疱をはがして見ると赤い水蜜桃に腐りが入ったように真中に芯が黒く出来て、更にその中に白いすじのようなものがべろべろと覗いていた。これにもまた同じく新聞紙を貼りつけるのであったが、誠に危険千万である。しかし彼は平気なものでそのまま翌日になると風呂へも入り、出て来ると新聞紙を新しいのと取りかえる。新聞には血膿がべっとりくっついている。

 こうして四五日過ぎると彼は、非常に足が軽くなった、夜もよくやすまれるようになったと言う。これは嘘ではないと思う。ぶち抜きをやるくらいの足はかなりひどく病勢の進んだ足で、勿論潰瘍や潰裂はないが(潰瘍や潰裂があればぶち抜く必要がない)完全に麻痺しており、また汗も膏も出ないで常に鈍重な感じがし、夏などは発汗がないから焼けた空気が足の中にいっぱいつまっているような感じで実際堪えられないのである。夜など床の中に入ると、足の置場に困り、どこへどう置いてみてもだるく重く、まるで百貫目の石が足の先にぶら下がっているような感じで、安眠が出来ないのである。だからぶち抜きは、なんと言うか、通風口のようなもので、効果は確かにあるそうだ。

 こうしてぶち抜くと、出来た疵が
治らぬヽヽヽヽように注意すると共に、またこれが動機で内部へ深く腐り込んで行き足を一本切断したりするようなことがないように気を付け乍ら、一ヶ月から二ヶ月くらい新聞紙を毎日取り換える。この貼紙は新聞紙よりも油紙の方が良く、傘に貼られた紙を破ってきて利用するのが普通であるが、新聞でも悪いということはない。無論消毒は十分に行われねばならない。そして一ヶ月なり二ヶ月なり経って、もう十分膿も出たし、足も軽くなったと思われると、今度はリバーノオルなり何なりをつけて疵を治してしまえばよいのである。医者はこういうことをあまり好まないので、やたらにぶち抜くことを許さないが、それは丹毒その他に対して甚だ危険だからであろう。癩者は皮膚その他の抵抗力が弱っているから丹毒などはすぐ伝染してしまうのである。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

北條民雄さん 癩院記録(5)

ハンセン病文学全集4「記録・随筆」のP542~P544を抜粋しました。


 入院すると、子どもを除いて他は誰でも一週間及至二週間ぐらいを収容病室で暮らさなければならない。そこで病歴が調べられたり、余病の有無などを検査されたりした後、初めて普通の病舎に移り住むのであるが、この収容病室の日々が、入院後最も暗鬱な退屈な時であろう。舎へ移ってしまうと、いよいよこれから病院生活が始まるのだという意識に、ある落ち着きと覚悟とが自づと出來、心の置きどころも自然と定まって来るのであるが、病室にいる間は、まだ慣れない病院の異様な光景に心は落ち着きを失い、これからどのような生活が待っているのかという不安が、重苦しくのしかかって来る。それに仕事とても無く、気のまぎらしようもないまま寝台の上に横たわっていなければならないので、陰気な不安のままに退屈してしまうのである。

 舎へ移る前日になると付添夫がやって来て、舎へ移ってからのことを大体教えてくれ「売店で四五十銭何か買って行くように。」と注意される。その四五十銭がまあいわば入舎披露の費用となるのであって、たいていが菓子を買って行ってお茶を飲むのである。

 その日になると付添夫が三人くらいで手伝ってくれ、或る者は布団をかつぎ、或る者は茶碗や湯呑やその他の日用品を入れた目笊ををかかえてぞろぞろと歩いて行くのである。そうしていよいよ癩院生活が始まるのである。

 病舎は今のところ全部で四十六舎、枕木を並べたように建てられている。だいたい不自由舎と健康舎とに大別され、不自由舎には病勢が進行して盲目になったり義足になったり、十本の指が全部無くなったりすると入れられ、それまでは健康舎で生活する。ここで健康という言葉を使うと、ちょっと奇異に感ぜられるが、しかし院内は癩者ばかりの世界であるから癩そのものは病気のうちに入らない。ここへ来た初めの頃、「あんたはどこが悪いのですか。」という質問を幾度も受けたが、それはつまり外部へ表れた疾患部をさしているのであって、その時うっかり、「いや、癩でね、それで入院したんですよ。」とでも答えたら大笑いになるであろう。それは治療の方面についても言われることであって、癩そのものに対する加療といえば目下のところ大楓子油の注射だけで、あとはみな対症的で、毀れかかった自動車か何かを絶えず修繕しながら動かせているのに似ている。
 だから、不自由舎へ入らない程度の病状で、よし外科的病状や神経症状があっても、作業に出たり、女とふざけたり、野球をやったり出来るうちは、健康者で、健康舎の生活をするのである。

 不自由舎には一室一名づつの付添夫がついていて、配給所(これは院の中央にあって飯やおかずはここで配給される。食い終わった食器はここへ入れて置かれる。)へ飯を取りに行ったり、食事の世話をしたり、床をのべてやったりする。これは作業の一つで、作業賃は一日十銭から十二銭までが支給される。

 舎は各四室に区分されていて、一室十二畳半が原則的であると言えよう。他に三十二畳などというのもあるが、これはこの病院が開院当時に建てられたままのもので、今はただ一舎が残っている切りで、あとは六畳の舎が少しある。一室につきだいたい六人から八人くらいの共同生活が営まれ、この部屋が患者の寝室となり食堂となり書斎となり、また棋を遊ぶ娯楽室ともなるのである。

 男舎には、松栗檜柿などという樹木から取られた舎名がつけられ、女舎には、あやめ、ゆり、すみれという風に花の名が舎名としてつけらている。舎の前には一つずつ小さな築山が造られ、その下には池が掘られて金魚などが泳ぎ、また舎の裏手には葡萄棚などが拵えられて、患者達は少しでも自分達の住む世界を豊かにしようと骨を折る。ここを第二の故郷とし、死の場所と覚悟しているので、まだ小さな苗木のうちから植えつけて大きくしようとする。

 このあたりは土質が火山灰から出来ているせいであろう、常にぼこぼことしまりのない土地で、冬が来ると三寸四寸という氷柱が立ち、春になって激しい北西風が吹くと限界も定かならぬほど砂ぼこりが立って空間が柿色になってしまう。だから雨など降るとひどいぬかるみが出来て、足に巻いた繃帯はどろどろに汚れ、盲人は道路に立ったまま動きようもなく行きなやまなければならない。そこで院内の幹線道路には石が敷かれて歩行を助けるように出来ている。まあこれが病院のメインストリートで、病舎はこの石道に沿って建てられている。

 そしてこれらの石道は、病院の西側にある医局に向って集中し、医局の周囲には十個の重病室が立ち並んでいる。重病室からちょっと離れて収容病室があり、更に離れて丹毒、チブス、赤痢等の病人が入る隔離病室が三棟ぱらぱらと散らばっている。その向こうは広々とした農園と果樹園になっている。青々と繁った菜園の彼方に納骨堂の丸屋根が白く見え、近くには焼場の煙突が黄色い煙を吐いている。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

北條民雄さん 癩院記録(4)


ハンセン病文学全集4「記録・随筆」のP553~P554を抜粋しました。



 じめじめと湿ったむし暑い日が続いたり、急に寒くなったりして、気温の高低が激しく変転すると、定って腕や足がしくしくと痛み始める。癩性神経痛が始まったのである。
 気温の変転は病体を木片のように翻弄する。神経痛の来ないものには急性結節(熱瘤と患者間に呼ばれてい、顔面、手、足などに赤く高まったぐりぐりが出来る。押すとびいんと痛み、化膿するのもあるがたいていは化膿しない。大きさはまちまちであるが、最も大きいもので団子くらいもある。外部からはちょっと高まっている程度にしか見えないが、触って見ると飴玉を含んでいるように固くぐりぐりと動くのが内部にある。たとえてみれば頭だけをちょいと海面に覗かせている氷山みたいなものだ)が盛り上がって来て発熱する。四十度を越える高熱も珍しくない。
 腕も顔も繃帯で包み、手袋をはめて頭から蒲団を被って寝ていなければならない。
 神経痛は定って夜が激しい。凄いのにやられると痛む腕、足を切り飛ばしてしまいたくなる。義足だったらいいなあと思うのもこんな時である。痛みの堪えられるうちはアスピリンを服用して我慢する。ぽかぽかと体が温まって来ると痛みは大分鎮まり、時には睡眠することも出来るが、烈しくなって来れば鼻血の出るほど服用してもアスピリンなど効きはしない。
 そこで診察を受け、初めて重病室に入室して加療する。これは急性結節の場合も同じである。
 
 重病室には五人の付添夫がついていて、こうして入室した者の世話をする。神経痛、熱瘤に限らず、舎にいては世話の出来ない場合、治療に困難な場合等には重病室に這入るのである。だからここには結核、肋膜炎、関節炎、胃病、心臓、腎臓等々あらゆる病気が集まっている。一室につき十六七から二十くらいの寝台が二列に並んでい、その上に怪しく口の曲ったのや、坊主頭や、鼻のない盲人などが、一人づつ横たわっている。
 
 入室することが定まると、収容病室から舎へ移った時のように、同室の人達が、蒲団、食器その他を持って、入室者を中央に挟み、或はリヤカーに乗せて送って行く。
 
 もし誰か、この地上で地獄を見たいと欲する者があるならば、夜の一時か二時頃の重病室を見られるようすすめる。鬼と生命との格闘に散る火花が視覚をかすめるかも知れない。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

北條民雄さん 癩院記録(3)


ハンセン病文学全集4「記録・随筆」のP549~P552を抜粋しました。

 癩患者にも趣味というものはある。いや、どこよりも癩院は趣味の尊ばれる所かも知れない。一番多くの人がやるのは投書趣味であろう。彼等はこれを「文芸」と称しているが、俳句などは文字通り猫も杓子もという有様で、不自由舎などでは朝から晩まで、字を一字も知らない盲人が「睡蓮や・・・睡蓮や・・・」と考え込んでいたりする。それから新聞紙上に表れる募集物に片端から応募するのを商売のようにしているのもいる。俳句・短歌は勿論、仁丹、ライオン歯磨、レートクレーム等々の懸賞、ものは附から標語に至るまで、なんでもかでも応募する。たいてい用紙は官製はがきだから、一種に対して一銭五厘だけ投資すればすむ。そして投函した次の日からもう胸をわくわくさせている。なんとなく当るような気がしたりするのである。当らなかったって一銭五厘の損だ。もし一等にでも当ればこりゃ大したものじゃないか、と彼等は言う。
 
 そしてまた時には素敵な大ものを当てることがある。立派な座布団を三枚か五枚当てたのもいるし、東京市の人口調査の時に出た朝日だったかの懸賞に、二等を当てて金二拾円の副賞と東京市長の銀盃を貰ったのもいる。
 その男は銀盃が送られて来ると、もううれしくてたまらないので、その箱を抱いたまま各舎をぐるぐる巡って、息を切らせながら、
「昨日新聞記者が来たよ。あなたは東京市の人口をどういう方法で知りましたかって訊ねるんだ。だから俺、子供の頃から統計学が好きでした、と答えてやったさ。」
 そして彼は汗をふきふき次の舎へ駈け出すのだった。
 
 こういうのがあると他の投書家達は無念の歯がみをしながら、よし今度こそは、と投書熱を上げるのである。
 
 その他、趣味らしい趣味に、小鳥飼、花造り、盆栽、碁将棋など色々ある。花造りはかなり熱心なのが多く、毎年秋が来ると菊大会が催される。私の舎から二つばかり向うの舎にも菊造りに熱心な人がいるが、何時行って見ても三十くらいもある鉢の中でうづくまって世話している。その人のいる舎は狂人病棟の派出所みたような舎で(つまり狂病棟が満員になるとこの舎へ這入る)彼はその付添をやっている。菊にうづもれて手入れしている彼の横で、何時も狂人がにやにや笑ったり独言を呟いたりしている。
「小さな鉢に良いのが咲きましたら上げますよ。机の上に置いて下さい。」
 と彼は先日も私に言ってくれた。
 
 また、不自由舎などには、義足趣味、繃帯趣味などというのもあって、まあいわば生活派と言っていいのがある。


  繃帯は
  白い 小ぢんまりした丸顔で
  チョコンと座って居る

  丈夫なとき
  働いて居るとき
  すっかり忘れられて繃帯よ
  お前は戸棚の隅に転げて居る

  ああ しかし
  俺が傷つき痛んだとき
  繃帯よお前はぐるぐる伸びて
  疼く患部を優しく包み温める
  俺の唯一の保護者である

  繃帯の長さは誰でも計れるだろう
  だが 俺は現在いま
  計れぬ深い繃帯の愛情を
  感謝してゐる 浸ってゐる

 これは昭和九年の冬、長島愛生園で死んだ坂井新一君の遺稿詩集『残照』の中の一篇である。
 乾性即ち神経癩の患者にはたいてい一つは蹠疵というのができている。主として踵に出来るのであるが、麻痺のため痛みを感じない。それで歩行の不便を感ぜず歩き廻るので何時まで経っても治らないのである。これは一生疵と言われているほどで、だから繃帯なども毎日毎日幾年も続けて巻いたり解いたりしなければならない。こうして続けているうちには何時しか繃帯を巻くことに趣味を覚えるようになるのである。
 指が曲って、肉が落ち、他目にはいかにも巻くのに骨が折れているようであるが、本人は楽しそうですらある。だから見るに見かねて「巻いてあげましょう。」と言っても、決して他人に巻かせない。念入りに、こつこつと自分で巻く。
 
 次に義足であるが、これは院外の人達が用いるように三十円も五十円もする法外なものではなく、簡単に言ってしまえばトタンの筒っぽである。先の方が細まっていて、先端に小さな足型がくっついている。中には全然くっついていないのもある。足型は単に体裁で、小さいほど歩行に便であるそうだ。友人の一人はこれを十銭の義足と称しているが、これは足を切断すると同時に医局から交付される。
 が、義足に趣味を持ち出すと医局からくれる不恰好なのでは承知出来ないので、義足造りの所へ行って足にあわせて造って貰う。義足造りは今院内に一人しかいないが、なんでも馬糞紙で造るのだそうだ。ふくらはぎはふくらませ、向うずねはそれらしく細くし、馬糞紙を幾枚も幾枚も貼り合せて板のようにして立派な義足が出来上る。
 趣味が強くなって来るともう一本では間に合わない。四本も五本も造って、外出用、部屋用、式場用等々、みな別になっている。その男の押入れを開くとずらりと義足が並んでいる。外出用のには足袋をはかせ、靴下をはかせる。式場用はその場にふさわしく飾る。作業の時に使用するのはたいてい医局から交付された頑丈なのを用い、この義足で水桶もかつげば鍬もとる。
 彼等のいい草がふるっている。
「義足くらい便利なものはないぜ。ちょっと休みたかったら腰かけになる。横になりたかったら枕になる。神経痛もしなければ蹠疵も出来ない。普通の足をもってる奴の気が知れない。」


(注)1930年(昭和5年)に国内初の国立療養所として長島愛生園は開園した。その時、光田園長が二十年心血を注いだ多摩全生病院から光田園長に心服する患者85人(開拓患者と呼ばれている)が移って来た。その後1933年8月には同じく多摩全生病院から坂井新一さん、志樹逸馬さんらが転園した。北條民雄さんが多摩全生病院に入院したのは1934年5月であるから、坂井さんや志樹さんとの面識はない。坂井新一さんは1934年死去、志樹逸馬さんは1959年死去。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

北條民雄さん 癩院記録(2)


ハンセン病文学全集4「記録・随筆」のP544~P546を抜粋。


 
 病院とはいうが、ここは殆ど一つの部落で、事務所の人も医者も、また患者達も「我が村」と呼ぶのが普通である。子供は午後から学校へ通い(午前中は各科の治療を受けねばならない)大人達は朝早くからそれぞれの職場へ働きに出かけて行く。
 
 仕事も一村に必要なだけの職業は殆ど網羅されていて、大工、左官、土方、鉄工、洗濯屋、印刷所、教員、百姓、植木屋、掃除夫等々、その上にここのみに必要な仕事としては、女達の繃帯巻き、不自由舎の人のガーゼのばし(一度使用された繃帯やガーゼは洗濯場で洗われる。それを巻いたり広げたりする仕事を言う)その他医局各科の手伝い、不自由舎・病室の付添など、失業ということはまずないようである。
 
 作業賃はだいたい十銭が原則であるが、仕事によってはやはりまちまちである。勿論強制的に就業しなければならないということはなく、それぞれの好みに従って仕事を選んで良いのである。義務作業といわれるものも二三あるが、これは交替で行われる。例えば重病室や不自由舎の付添夫が神経痛や急性結節で寝込んだりすると、健康舎から臨時付添夫が出なければならない。この場合も作業員は十銭が支給される。
 
 小遣いは一ヶ月七円と定められているが、それは自宅から送金されたものを使う場合であって、院内で稼いだ金はいくら使っても差支えない。だから働いていさえすれば小遣いに困るといういうことはないようである。また不自由になって不自由舎の人となり、或は三年五年と重病室で寝て暮したりする場合には、毎月いくばくかの補助金が下がる。
 
 女達の仕事としては前にも言った繃帯巻きがその主なるものであるが、その他には医局各科の手伝い、女不自由舎の付添などがある。また男達の着物を縫ったり、ジャケツを編んでやったり、洗濯物を洗ってやったりする仕事もある。
 そのうち、良い金になると評判されているのは洗濯と女の盲人のあんまである。
 あんまは上下三銭、洗濯は掛布団の包布が二銭、敷布が一銭、着物・シャツその他は凡て一銭というのが不文律になっている。しかしやはり数多くやり、いわば薄利多売的傾向をもっているので案外の金になるそうである。

 
 もっとも洗濯屋は、誰でもすぐ思い通りに開業するという訳にはゆかない。やはり永年ここにいた者でないと信用がないので、得意をもつ事が出来ない。得意先が出来ると毎日御用聴きに廻るところは、院外の商売と似ている。
 
 男達は仕事から帰って来ると、すぐ長い着物を着て女舎などへ遊びに行くのが多いが、しかし働き者はそれから農園に出て大根を作り馬鈴薯を作る。中には女房と二人で暗くなるまで土を返すのもあって、ちょっと平和な風景である。
 
 こうして作られた農産物は、炊事場に買い取られる。得た賃金は女達の半襟になり、腰紐に化ける。また独身者は農産物を炊事場に出すのを忘れてこっそり女舎に貢いだり、将を射んとせば先ず馬を射よで、相手の娘の兄のところへ提供して敵本主義をやる。女の方が男よりも癩に対して抵抗力が強いということは医学でも言われていて、病院には女が非常に少ない。だいたいのところ女は男数の三分の1で、だから癩者の世界では女は王様のようなものである。
「ちぇっ、女なんか。」男たちは一様に軽蔑したような口を利くが、実は内心女の顔色を窺っているのが多いようである。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム