FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サツマイモとエダマメ、徹底比較

 20111021_015.jpg 20111021_019.jpg 20111021_021.jpg

ホウレンソウの育苗がうまくいったのもあるが、うまくいかなかったのもある。発芽を揃えることは難しい。しかしこれができなかったら連結ポット育苗の意味はない。

連結ポット育苗は種代はかからないが、土代が結構かかる。

手前はサラダミズナ。アブラナ科野菜は発芽も早く、ロケットもナバナもサラダミズナも発芽率は9割を超えた。

10月に入ってから蒔き、厳寒期~早春どりならサラダミズナでも無農薬が可能ではなかろうか。
 
  
 

20111021_009.jpg 

キュウリがいつも地這い品種であるように、インゲンもいつもツルナシ品種を作っている。春作は4月23日頃に蒔き、夏作はニンジンと同じ日に8月20日頃に蒔く。

インゲンは毎年作っているのに、エダマメはこの20年間ほとんど作ってこなかった。エダマメはおかずにするというより一種の嗜好品だから、ワンパックには不必要と思っていた。そしてビールは飲まないのでエダマメをそんなに食べたいと思わなかった。

それが何でエダマメかというと、遊ばせている田んぼが多いので、何か田んぼをうめる作物はないかなあと考えていたら、エダマメが浮上してきた。

黒マルチをして6月10日頃にエダマメを蒔けば、9月10日頃にはその場所が空き、ダイコンを蒔いたり、キャベツやハクサイを定植するのにちょうどタイミングがよい。黒マルチを剥すだけで不耕起栽培ができる。この時期は天候不順のことが多く、耕運や畝立てのタイミングを逃すことが多いが、収穫後のエダマメの畝を利用できるならとても便利である。 
 

直売所ではエダマメは売れるだろうし、果たしてインゲンとエダマメのどちらにメリッ トが多いだろうか。

ツルナシインゲンは毎日もしくは1日おきに2~3週間収穫すると終わる。

エダマメは一括収穫である。収穫に要する時間はエダマメの方が圧倒的に短い。

収量と単価はどちらがいいのだろうか?

インゲンは病虫害は全く問題にならない(ほとんど発生しない)が、エダマメの場合、害虫被害はどうなんだろうか。これは種蒔きの時期によって違ってくるのかもしれない。


エダマメが1株で400円ほどになるなら、同じ頃に定植するサツマイモより、利益率もかなりいいのではなかろうか。

サツマイモはイノシシの餌つくりをしているようなものだし、畝が後作に利用できないし、当地の土質はサツマイモを作ってもおいしくない。 
 

サツマイモを作ると土がやせる。

エダマメを作ると土を肥やす。


サツマイモは葉が横に伸びるので面積がたくさん必要だが、エダマメは耕種基準一覧表では畝幅60センチの1条植えで株間25センチと出ていた。サツマイモの半分で足りるだろう。

収獲出荷においても、サツマイモよりエダマメの方がかなりスピーディにいくのではなかろうか。


サツマイモは「くず芋」も「葉」も「ツル」もニワトリやヤギの大変良い飼料となるが、エダマメの葉もニワトリやヤギの大好物である。

イノシシに狙われやすいので、サツマイモは120本ほどの挿し木にとどめ、エダマメを作ってみようと思う。


子供の頃には、稲作の畦(あぜ)にこのエダマメ(アゼマメ)がよく植えられていた。稲作では水が漏れないように畦に泥を塗りつけるので、その泥の中にエダマメの種を落として、その上にクン炭か籾殻をふっていた。

エダマメというよりダイズといった方が適切かも知れない。昔はどこの家でも自家用の味噌を作っていたので、少量の大豆は必須だった。そしてダイズの煮豆は田舎では「おふくろの味」でもあるように夕飯のおかずに時々登場した。

稲の畔に作るということは、それだけ水の要求量が多いということ。

サツマイモもエダマメも、どちらも肥料はあまり欲しがらない。

2030年 農業の旅→ranking
 

   


 





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ