FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

自分の認識間違い

0904060022.jpg 

 サツマイモ予定地と、春夏作の定植予定地を耕運した。自分の持っている農具で最も値段が高いのがこの乗用トラクタ。しかし自分が買ったものではなく、25年ほど前に父が買っていたものである。60代後半になって、よくこんな物を買ったと思う。その時には農業の跡継ぎはいなかったはずなのに。
 稲作のためにどうしても必要だったのだろう。集落ではとっくに、どこの家でも乗用トラクタを持っていたが、我が家はまだ歩行トラクタだった。歩行トラクタが使えなくなったのかどうか、その辺の事情はわからないが、なけなしのカネを奮発して購入したのだろう。
 何の因果か、この乗用トラクタは今も現役でフルに活躍してくれている。自分の農業収入ではこんな農具は買えないので、自分の一代(後20年)は持たす必要がある。5年に1度ほど購入先の農機具店で点検整備をしておれば、何とか持ってくれると思う。
 
 
  
0904060075.jpg 0904060073.jpg 

 ニワトリも、この場所にいるのはあとわずか。4月20日頃には7羽ほどをおいて残りは、欲しいと言われる人がいるので持っていく。
 このニワトリは、四国の南伊予という種鶏場から送ってもらったが、今まで飼った中では最も健康的なニワトリだった。それが証拠にまだ1羽しか死んでいない。ヒヨコから導入して5月26日で丸4年が来るのに、これは「奇跡的」である。
 1羽のオンドリは闘鶏で負けて、もらわれていった先で客死し、2羽は2月の炭焼きイベントで料理した。だから現在の羽数は、33羽-(1+1+2)=29羽である。
 「岡崎おうはん」という品種を新聞で見なかったら、南伊予にまたお願いしていたと思う。

  新しいヒヨコを迎え入れることは、また新鮮な気持ちになる。導入前に3週間ほどは鶏舎を開けて、4年間の塵を落とす。クモの巣をとったり、金網を掃除したり、床の鶏糞を全部持ち出した後、今回は初めて「消石灰」を少し蒔いて消毒してみようと思う。
 止まり木も新しい木に変える。

 
 昼からホームセンターに買い物に行った。

菜種油かす(20キロ)@1080円×2袋=2160円
消石灰20キロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・498円
たねまき培土40L・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1380円
ニワトリのエサ20キロ・・・・・・・・・・・・・・・・・1280円
看板用ベニヤ板・・・・・・・・@235円×2個=470円
看板を留めるネジクギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・298円
 合計で6086円。「菜種油かす」はメタン菌液肥用であるが、2袋買えば春夏作は足りる。
 消石灰は買う気はなかったのに、目に入ったので衝動買いした。
 たねまき培土は苗ポットの上部1~2割で使う。下部の8割は山の腐葉土を取ってくる。
 ニワトリのエサは、コゴメが残り1袋になり、ヒヨコのために残したいから。
 ちょっと買ったつもりでも、こんな値段になる。



0904060014.jpg 0904060006.jpg 

 朝、昼、夕と数分ずつ、ヤギを撫でている。これを続けていかないとヤギが懐いてくれない。本当に手間を取る動物だ。
 
 「ヤギの草刈」も自分の認識間違いだった。草刈機で刈る草刈より、ヤギの草刈は5倍以上手間がかかり、刈りムラも多い。
 
 鳥取県の「草刈用のレンタルヤギ」を見て、何と牧歌的ですばらしい発想と思ったが、新聞記事やネットで見るのと、現実にやってみるのとでは大違い。騙された。言葉に語弊があるかもしれないが、騙されたという気がする。
 レンタルヤギ事業はあまり広がらないだろう。
(1)草刈機の方がはるかにスピーディ。
(2)牧歌的と言っても、通り道でない限り、
人目に触れない。
(3)場所を毎日移動させることに手間がかかる。

 ただ、そんなに後悔ばかりではない。飼い続けているうちにまた心境の変化もあるだろう。
 
     
 

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

コメント

ヤギの除草効果

ご無沙汰です。
ヤギの除草効果ですがヤギの小屋などでの
草や野菜クズの給与を行うと除草効果
が低下します。
ヤギたちがまだ子供なので採食量が少ないのでわないのでしょうか?
それとつなぐ場所を頻繁に変えると美味しい
草だけ食べて美味しくない草を残しますよ
草がほとんど無くなるまで移動させないほうが除草効果が良いと思います。
がんばってみてください。

  • 2009/04/08(水) 22:57:01 |
  • URL |
  • 庄田のヤギ飼い #JalddpaA
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ