FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  渡辺苳里さん



青空を仰げば病める影もなし




母炊いたあの味噌汁の味を恋い




子の歳を一つ数えて一つ老け




蜩の中にも低音歌手があり




栗を煮る湯気が故郷を匂わせる




百姓の夢を四月の雪嗤う




風邪の妻労わるリンゴの色を撰り




十二月妻には妻の義理があり




働いた頃の秋刀魚の味を恋い




雪おろし屋根と屋根との佇ち話




妻の手の柔さを奪う冬の水




月あかりほめてお客の帰る音




記念樹の太さを抱いてみる母校



渡辺苳里さんの略歴
大正2年10月秋田県生れ。昭和17年1月北柳吟社入会。『浮雲』第二集(昭和35年)、『浮雲』第三集(昭和45年)、『浮雲』第四集(昭和55年)出詠。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ