FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

新聞はうのみにせず、批判的に読む


朝日新聞や毎日新聞を読んだだけでは、正しい情報は手に入らない。

かゆいところに手が届くような・・・、こちらの意見の方が正しいのではないか・・・、そういう論考はインターネットのブログ等で手に入れるしかない。



新聞は正しいことが書けない場合もある。

たとえば原発のような問題

国益や愛国心に関する問題

外交問題



新聞も、経営という経済的視点が中心にある

広告料収入もあてにしている。



新聞の書いていることを「うのみ」にせず、常に自分の考えを意識しながら読む。


新聞は同じようなコメンテーターが登場するから、その人が左右、どちらの立場の人か、知っておく(覚えておく)。


朝日新聞の曽我豪という人物は高い地位(編集委員)にあるが、安倍首相としばしば会食する仲であり、今回も参議院選挙後の23日に会食に行っている。安倍首相から声がかかる人物であるということを知って、その人の記事を読むと、読み方がまた違ってくる。



毎日新聞は、朝日新聞に比べて、かなり右寄り(政権より)の論述が目立つ。


とにかく、新聞の書いていることを、そのまま受け入れないで、常に批判的に読む。



ネット記事には多くの人がリンクを貼っているので、自分と同じような考えの人のブログを読むと、なるほどと納得できる場合も多い。



「晴天とら日和 」に出てくるブログや、阿修羅、情報収集中&放電中、週刊金曜日、日刊ゲンダイ、リベラル21、ちきゅう座、リテラ等を読むと、新聞ではわからない(書いていない)ことが、具体的に書いてある。



せっかく取り出した毎日新聞だから、少なくとも1年間は購読を続けるつもりだが、いずれは、東京新聞のweb版か、琉球新報のweb版のどちらかに切り替えるつもり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ