FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

蜂数が満杯になっている2群

 
半径2キロエリアの蜜源は限られているから、10群以上になると、それぞれの群に分散され、蜜がたまるスピードは遅くなると想像していたが、逆に、蜜をためるスピードが速くなっている。


だから、当地での蜜源は10群は十分養えるということがわかった。


しかも蜂数が、どの群も多い。蜂数が多くなると、巣箱の外の壁面にたくさん出てくる。


1週間前に採蜜して1段をとり、1段を継箱した群が、1週間が過ぎたので、底板を掃除しようと開けたら、蜂が開閉扉付近にまぶれついて、早くも、掃除することが困難になるくらい蜂数が増えていた。


すでに2回の採蜜をしているので、これ以上の採蜜は考えられず、かといって、もう1箱補充して6段にすることはしたくない。


仕方がないのでこのまま、秋の彼岸が過ぎる頃まで2ヶ月間、見守るだけで、手の打ちようが思いつかない。



今までの例でいくと、蜜源が少なくなる7月、8月の2ヶ月間は一進一退を繰り返しながら、あまり巣が伸びないと思うので、今後はさほど伸びないと思うが、伸びてもどうすることもできない。


今後は未知との遭遇になるが、秋の彼岸以降に採蜜をしても、最下段には継箱できないと思うので、採蜜したところ(つまり最上段)に1箱を継箱するしかない。




5段の巣箱が「蜜でいっぱい」、「蜂でいっぱい」になったらどうなるのか。


7月10日に「夏分蜂」が1群であったが、今後は、「暑さ」、「スズメバチの来襲」、「越冬までの時間(日数)」を考えるとリスクが大きいので、もう夏分蜂はないだろう。


巣箱が蜂でいっぱいになると、底板は掃除がしづらいが、蜂数が多いと、掃除も自分たちでするので、さほど問題はない。


これ以上、蜂数を増やさない(女王バチが産卵を控える)ということでバランスを取るのか、あるいは、夏の時期は自然減少もあるかも知れない。


半径2キロエリアを生活圏として、すでに2000年以上、子孫を絶やさずに来た日本蜜蜂は、賢い生き物なので、無駄なことや無理はしないだろう。


毎日見回っているので、状況の微妙な変化もすぐわかる。


すでに5段の巣箱で、蜂数が満杯になっている2群は、今後の2か月、どういう動きを見せてくれるのだろう。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ