FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  松永不二子さん(6)

 

三ヶ月に七名逝ける園の翳り拭ひ呉るるごと芽ぶく蕗の薹




義足脱ぎ灯り消したる爽けさよレースカーテンに月かかりゐつ




古き歌を清書しみれば病みてこその奇しき出合ひのわが歌多し




遠出せぬ者への晩秋の贈りもの園のナナカマド朱き実こぼす




かけがへなき出合ひをあまた享けたりき狭き歩みの療園にての生に




試歩の距離今朝は延ばしぬ土堤の辺の一叢咲ける花菖蒲まで




しみて思ふ養家に七年実家に八年病みてこの園に六十三年のわれ




荒家の如病み古れるわれにしてほめらるる個所ありき福耳なりと




両手萎えて知覚の無きに両眼まで見えなくなりて歌を忘れき




堰を切りたる如くに歌に復帰せり手術後文字が書ける様になり




癩と別れ十五の命断たむとせる彼の日を想ふ八十の今




病みをれど心豊かに老い得しは歌ありし故としみじみ想ふ




一生近く園に病み来て今きけり癩予防法廃止の朗報



松永不二子さんの略歴
大正2年8月7日福島市生まれ。母離縁のため母の実家で育つ。大正9年父方に引き取られる。福島第二小学校入学。大正11年母復縁。大正15年発病。昭和4年北部保養院に入院。昭和11年北部保養院の大火災で実家に5ヶ月帰る。昭和12年再入院。「白樺短歌会」、昭和17年「ことたま」昭和42年「形成」に入会木俣修に師事。「形成」終刊により「波濤」入会。平成11年10月没。享年86歳。『白樺第一集』(昭和32年)『白樺第三集』(昭和47年)『白樺第四集』(昭和58年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『出合ひ』(平成8年)
<br>


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ