FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤギがいた頃



ヤギが生きていたら・・・今のような生活にはならなかっただろう


ただ、なんとなく飼いたくなって・・・日本農業新聞でヤギがブームの頃だった。


ブログのネタにという安易な考えで


しかし、こんなに振り回されるとは思わなかった。


56歳から6年間、62歳まで。


オスの銀ちゃんは4年4ヶ月、メスのラムちゃんは6年だった。


かなり費用もかかったし、かなり時間もとられた。ペットを飼うということはそういうことだった。


亡くなった時は悲しかったが、2頭ともいなくなって、しばらくすると、ある種の解放感も感じた。とてもかわいい家畜だったが、意識下で大きな負担になっていたことに、亡くなってから気付いた。


銀ちゃんとラムちゃんは50代後半のぼくを振り回して支配した。でも、亡くなった時の銀ちゃんの目(顔)がほほえんでいたので、その頃の全てがいい思い出となって残った。


大きな癒しにもなっていた。ヤギがこれほど賢い動物だとは知らなかった。


だからもう、ペットは永遠に飼わない。


ヤギが待っているから、田んぼに早く行こうという日々が、結果的に6年続いた。それが途切れたから、他のことに時間を費やす余裕ができた。


ヤギには感謝の言葉しかないが、生存中は、自分の人生も動けなかった。


飛躍できなかった農業だったが、ヤギはぼくの農業史の一時期をいろどってくれた。




ヤギとミツバチがともにいた時代もあったが、その頃のミツバチは、ぼくの経験不足でなかなか夏が越せなかった。秋が来た頃には毎年のように消滅していた。


だから今の11群は奇蹟のようである。ミツバチにはヤギとはまた違った癒しがある。


どういう違いかは、自分の中でまだ「おぼろげ」で、言葉であらわせない。


ただ、ヤギと同様に、ミツバチが待っているから田んぼに早く行こうという日々になっている。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ