FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

宇野さんからホウレンソウの指南


20110824_034.jpg
  20110824_010.jpg

ピーマンもナスビも120センチのパイプ支柱の1~2本で、倒れないようにつっかえ棒にしているだけである。

22年間、ずっとこの方法でやってきた。全然進歩していないが、別段困ってはいない。ただしこの方法は、定植数は各25本くらいまで。


昼に美作市の宇野さん(宇野農園)から電話をもらって話していたら、宇野さんは「トウモロコシ」、「エダマメ」、「トマト」、「キュウリ」が夏野菜の出荷の4本柱であるらしい。ボクの苦手なものばかりを出荷されている。

古希を迎えられたのに、ますます元気で、講演活動、執筆活動、毎日のブログ更新、毎日の出荷と、まさに超人的な活動を続けられている。

その宇野さんに、稼ぎ方のポイントを教えてあげるから、冬はホウレンソウ1本にしぼって頑張るようにと言われた。

288穴の連結ポット(1センチ角の四角すいのような連結ポットらしい)にホウレンソウの種を2粒ずつ落とし、それを引きぬいて左手に20個ほどのせて、右手で1個ずつ土に押さえつける(1畝に5条植え)だけで、土などかぶせなくても十分活着するらしい。黒マルチは使わず露地定植で、苦土石灰なども使われないようだ。

年末までに、288穴の連結ポットにのべ100枚ほど種を蒔くらしい。ホウレンソウに播種機を使わず定植するという点が最大の特徴である。この方法を教えてあげるから一度来るようにと言ってくださった。


明日のワンパックは個人2軒、業務用1軒。業務用の1軒はスイートバジルのみ16単位。個人用は、 
タマネギ250円
ジャガイモ200円
ナスビ200円×2倍=400円
ピーマン200円
オクラ150円×4倍=600円
ナンキン大型300円
エンサイ150円
ツルムラサキ200円
モロヘイヤ100円
送料800円、合計3200円
サービス品としてニンニク1個、青シソ、ミョウガ、ハーブティ用ハーブ(アップルミント、レモンバーベナ、セイジ)、その他1~2品の野菜。
今回はキュウリが送れないが仕方がない。 
   
 
20110824_029.jpg   

2030年 農業の旅→
ranking
   
   
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ