FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

日本ミツバチ歴10年、節目の年


ぼくは工作が苦手だから、巣箱を自分で作るという発想が最初からなかった。

ところが、ぼくの所に待受け箱を持って来られる人の全員が「自分で作った箱」を持って来られる。

自分で作れるのだから、かなり器用であるに違いないが、それらを比較して見た時、この待ち受け箱なら入る、これはちょっと難しいのでないかと、経験で何となくわかる。


この箱ではちょっと入りづらいと思える箱は、ミツバチがよく入る場所には置けない。なぜなら分蜂期間中、その特等席を占領してしまうから。


だから、
(1)まず、待受け箱を持ってきてもらって、ミツバチが選んでくれるかどうか自分なりに判断して、入らないだろうと思った持ち主には、その旨を伝える。


(2)分蜂は連日あることが多いので、入ったら「当日」に引き取りに来てもらうが、捕獲が2時過ぎと遅くなることもあり、その後の出入りを見て女王蜂が入っているかいなかの最終判断は5時がまわることがあるので、我が家から1時間以上かかる人は、現実問題として販売できない。


(3)ミツバチがほとんど全部、待受け箱に帰って来る午後6時半~7時頃の引き渡しとなるが、帰られたら、当日に置き場に設置してもらう。家の庭先ならいいが、家から離れている場所に設置する場合は夜間であるし危険も伴う。



入ったら電話連絡をするが、ぼくは携帯を持っていないので、連絡が頻繁にできない。

薄暗くなってからの作業なので、自分の負担もある。


待受け箱を持って来られる時の対応、入った巣箱をお持ち帰りの時の対応に加え、巣箱を設置してからは、黒蟻、大蜘蛛、ヤモリ等の先客が入っていないか、5日に1度くらいは中をチェックする必要もある。


キンリョウヘンの世話もあり、投下労働に対する見返りが少なすぎる。


日本ミツバチを飼い始めて今年が10年の節目であるし、区切りの年になるかもしれない。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ