FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

PPバンドがうまく使えない

   
20110325_011.jpg   20110325_008.jpg

3月末とは思えない寒さで、しかも強風の1日だった。

こんな寒さの中で出産させたくないが、予定日は迫っている。

昨日で懲りたと思ったのに、今日もまた「テン」が物置に入っていた。ブロックを置いていた場所とは違う場所を掘って入られた。

きちんと安全対策をしてから、物置に用意した出産部屋に移す必要がある。


昼から買い物に出たついでにガソリンを入れたら1リットルが145円だった。満タンにしたら1ヶ月ほどもつので、そんなに影響はない。

コメリでニワトリの飼料とミツバチ用品を買った。
ニワトリの飼料・・・20キロ(1230円)
ミツバチ用品
レンガ・・・148円×5個=(740円)
赤レンガ・・・78円×5個=(390円)
ブロック・・・88円×10個=(880円)
PPバンド・・・100メートル(298円)
バンドストッパー・・・50個(198円)
合計で3736円。

ミツバチの巣箱になぜこんなものが必要かというと、設置にはまずブロック2個を置き、その上に黄色のコンテナを置き、それから巣箱を置き、巣箱の重しにレンガを置き、その上から雨よけにポリカ波板を置き、それらをPPバンドで締める。

こんなこまごましたものの金額も、積算合計をすればかなり高くつくが、大きな楽しみだから。しかしミツバチは3キロ四方が行動圏であり、置ける箱数は自ずから限度があるので早晩、投資は終わる。
 
PPバンドの使い方を何回教えてもらっても、いざ自分でしようとしたら、どうもうまく使えない。それでも「マイカ線」では強く締めれないので、PPバンドをどうしてもマスターする必要がある。「紐結び」を覚えるよりはるかに簡単なはずなのに。


ど素人だから逆に、ミツバチに関して伝えれることが多いと思っている。4年経過したら、ミツバチに関して1冊の本が書ける。農業と違ってミツバチはまとめやすい。

ミツバチに関する本を読む時間がなかなか取れず、頭からでなくミツバチ自身から学ぶようにしてきた。でも最低限のレベルには達したので、このへんで本からの知識を増やす必要がある。巣箱を作ってもらっている木工作家に進められた『我が家にミツバチがやってきた』(久志富士男著、高文研)を図書館で予約した。


ヤギに関してもいつか1冊の本にしたい。ニワトリはヤギと違って感情が乏しいので書ける内容が少なく、農業はパソコンの習得と同じで体系的に学んでもあまり役に立たないような気がする。パソコンに関して自分はブログ以外の他の機能はほとんど使えないが、インターネットを見ることと、ブログをすること以外でパソコンを使うことはないので十分に間に合っている。農業もパソコンと同じようなやり方がいいと思う。

農業以外にいろいろ手を広げているように見えても、自分の場合はこれが1セット。超不器用で理系センスもゼロだが、農業は万人向きの職業である。ただし手取り100万以上が必要な人は農業を選択しない方がいい。
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ