FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  上山茂子さん(2)



冬銀河病夫背負ふて夜の厠




酸素吸う夫や夜長の刻問へり



(夫逝く)
抱き起せば何にうなづく雪の果




山は山の影負ひ坐せる晩涼や




縄太く父より届く牛蒡の荷




面会謝絶戻りて刻む葱の白




夏帯の細く四十路の早きこと




セル着ても薬臭の泌む女の身




青梅雨や草分け登る望郷台




綿虫のわれにて消ゆる籍なれや




上山茂子さんの略歴
大正2年12月長野県生れ。信州の駒ケ岳麓で山を遊び場のようにして育つ。昭和24年雪積もる草津の栗生楽泉園に入園。25年栗生盲人会と高原俳句会に入会。同年園内結婚。視力の弱い妻のため夫は代筆で句作活動を援ける。26年「濱」入門。大野林火に師事し30年間指導を仰ぐ。また57年より松崎鉄之助に師事。結婚運に恵まれず二度目の夫にも先立たれるが師や園友に愛される。合同句集に『雪割』(昭和40)、『一代畑』(昭和51)、『花鳥山水譜』(平成1)。個人句集に『父似』(昭和63)。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ