FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  横山石鳥さん(5)



肌に泥ぬらるる思ひに目つぶりぬ乱れし旅館にはたらく妻よ




妻と二人の糧を求めて今日はゆく雪限りなく凍る野の町




寝るときに枕に海の音するを山の村に育ちし妻がまたいふ




機織を見習ふ妻の冷えし手が浅きねむりのふところにあり




わがやまひうつるをひそかに怯るれど
かひな
にまきて眠りたりけり




新妻と棲みにし五十幾日は病みさかりきてまぼろしに似る




たはやすく死はある故に生きるべし離れ住む妻よ相逢はむ妻よ





朝の霜踏みゆく妻よらい園の夫婦は産まぬ子をみごもりて




棲まふ家なくなりし妻はらい園に面会に来てそのまま暮らす




国費にて養わるるもあはれなれど飢ゑてさまよふ壮健者のわが妻





2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ