FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

口蹄疫はなぜイノシシやシカに感染しないのか


鳥インフルエンザが新たに三重、和歌山で発生し、宮崎では12例目が発生した。
三重・・・肉用鶏6万7千羽の殺処分が始まった。
和歌山・・・12万羽の殺処分を始めた。
宮崎・・・肉用と卵用で合計2万羽。

ますます広がっているようだ。それでも大規模養鶏ばかりで家庭菜園養鶏(30羽養鶏)には発生していない。

全国の30羽養鶏の仲間たちは、この事実を「最大の拠り所」として、日々世話をしているはずだ。だから、ボクの鶏舎から鳥インフルエンザを出すわけにはいかないし、出ないと思っている。

しかし細心の注意は払っている。
(1)水は池や井戸水ではなく、簡易水道の水を与える。
(2)毎日、青菜を欠かさない。
(3)重量換算でコゴメ2、購入餌1、米糠1の割合の餌。
 
もちろん飼育を止めたりはしない。全国の30羽養鶏の代表くらいの気持ちで飼いたい。


鳥インフルエンザより怖いと感じるのが口蹄疫である。家畜伝染病予防法(家伝法)の改正案が今国会に提出される。具体的な流行予防策としては、口蹄疫の場合、「急速かつ広範囲の蔓延を防止するためにやむを得ないときは、健康な家畜の殺処分を行える」と定める。宮崎県のケースでは、家伝法に規定がなかったために特別措置法を制定し、発生農場から半径10キロ以内のすべての牛豚を殺処分した。法改正でこうした予防的殺処分を常時、可能にする。(朝日新聞2月17日)

直線で半径10キロは、想像しただけでもかなり広い。

殺処分にはもちろんヤギも含まれるだろう。健康体でも予防的に殺処分される。これにはペットのヤギや農業高校や娯楽施設で飼われているヤギも含まれるのだろうか。動物園ではどうなるのだろうか。宮崎県の場合はどういう措置がされたのだろうか。

ボクの場合は放牧ヤギであり、野生のイノシシやシカと同じような飼い方をしている。こういうヤギも殺処分の対象になるなら、野生のイノシシやシカも全て殺処分しないと防疫にならないのではなかろうか。宮崎県では野生のイノシシやシカは殺処分されていないが、野生動物には伝染せずに口蹄疫はおさまった。

鳥インフルエンザでは野鳥との接触が大きな問題になっているのに、口蹄疫ではなぜ野生動物との近距離での接触が問題にならないのだろうか。当方の場合、ヤギ小屋のすぐ下の田んぼもイノシシにかなり掘り返されている。まさにニアミス接近である。

宮崎では野生動物になぜ、口蹄疫が伝染しなかったのだろう。

2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ