FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

鳥インフルエンザの感染は大規模養鶏ばかり

 

20110214_005.jpg    20110214_036.jpg

午前10時半には左の光景だったのに、午後3時半には右の光景になった。



兵庫県では公園のコブハクチョウ1羽の死骸から、大分県では衰弱していた野鳥のオシドリから高病原性鳥インフルエンザが検出された。(農業新聞2月13日)

全国各地で野鳥等から高病原性鳥インフルエンザが検出されているが、ニワトリが高病原性鳥インフルエンザに感染しているのは「大規模養鶏」ばかりで、20~30羽の家庭菜園養鶏が感染したという話はまだ報道されていない。

野鳥との接触は20~30羽養鶏の方が圧倒的に多いはずなのに、全く逆の結果が出ている。このあたりに「鳥インフルエンザ」を回避できる原因がありはしないだろうか。つまり土との接触(鶏は土浴びが大好き)や青菜の給餌。30羽だから、雨や雪の日でも青菜がやれる。

家庭菜園養鶏で鳥インフルエンザに感染した例は、日本で初めて山口県に鳥インフルエンザが発生した同年に、大分県でペットのチャボが感染した1例のみで、その後は全く発生を見ていない。 
 
新聞(農業新聞)はなぜ、この現実(実態)を報道しないのか。 

2030年 農業の旅→
ranking



 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ