FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  上丸春生子さん


7月1日に更新
した上丸春生子さんの続きです。



訴え


弟よ

友よ

腹の足しにもならないものを

書きつづけているからと

責めないでくれ

病に呆けて

やっと細く息をしている私は

書くことによって

切つない純粋がみつかるのだ

自我とか 思索とか

それだって私には虹なのだ

近頃の私は

洗面器の水のように

冷めたく さびしく

疲れている

それでいて

かりそめの情さえも

炎天の木かげのように

やさしく

心に沁みてくるのだ












花に想う


壮麗な牡丹は崩れて

いつの間にか卯の花は朽ち

紫陽花のまりは雨だれに打たれ

静かに少しのやすむひまもなく

花の季節は移っていく

漂泊された日々にでも耐ゆる愛と美は

大きな土壌のふところに抱かれて

生命の尊厳さをほこっている


雑草の中よりのび上がって

花は

懸命に自己の存在を訴えている

そのようないとなみの中に

生きていく俺たちの慕情があるのだ

一冊の書籍による人生の探求は

静かなる思索のひかり

一枚のレコードよりおこる即興幻想曲は

願いのひとときの音律


花粉が流れていく流れていく

永遠の孤独を求めて

自ずからの骸の上を

美しいものへの郷愁は

くめども尽きざる生命の泉

めぐり来る季節への羽搏き

花は花の為に生き

俺たちは俺たちの日々を生きていく



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ