FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

疑似体験だけで十分満足できるブログ


昼に食べるものがなかったら、ラーメンか即席のカレーを食べることもある。つまりそれらを常備している。

夜はダイコンとタマネギとキクイモに市販の練り製品を加えた「煮物」をしばしば作る。

農業と同じく料理も、20年間、ほとんど進歩していない。どちらも腕を上げる必要に迫られなかったのだろう。

よく作るものに「ホウレンソウのおひたし」と「ダイコンおろし」がある。ホウレンソウのおひたしは茹でるだけだし、ダイコンおろしはするだけだから誰でもできる。

それでもしょっちゅう作れるのは農家の特権である。朝食べても昼食べても夜食べても、いつ食べてもおいしいので、今の時期は頻繁に作っている。

料理の腕が上がらなかったのは、作ってくれる人がいたからであり、農業の腕が上がらなかったのは、自分なりに満足するものができた(こんなものだと思った)からだろう。

料理に関しては将来、腕を上げなければならない現実に直面するかも知れない。1人暮らしになったら否応なしにバランスよく作る必要が出てくる。

グルメではなく、外食もほとんどせず、野菜が中心の質素な食生活をしているが、Mのランチ(食べ歩きブログ)や、生まれる前から不眠症(料理・飲食店ブログ)を見るのは好きで、毎日、疑似体験で堪能している。

農業も、「疑似体験だけで十分満足できるブログ」が理想である。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

食事

農家はいつでも自給できる野菜ありますが野菜ばかりではなく、たまには、肉も魚も食べてタンパク質を摂って体力をつけてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ