FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  藤本トシさん


『地面の底が抜けたんです』一部抜粋

母の死=家出・深敬園へ


順序があべこべですが、この記事が「地面の底が抜けたんです」の最後です。

2ページです。


 その震災(関東大震災・大正12年9月)のあくる年に、おっかさんも亡くなったです。・・・十六、七日患いましたかね・・・父親の方は三日っきりだったんですが・・・。
 兄嫁さんがつきっきりで看病してくれてたんですけど、せめて夜だけでもあたしにつかせて下さいと言うのを、姑を看るのは嫁の役目だからと言って、なかなか承知してくれないんです。それを、いつまで生きてるかわからないんだからって、たって頼みましてね、夜中だけあたしがかわったんです。
 そしたらおっかさん、あたしが死んだらすぐおまえをむかえに来てあげるからねって言うんです。すぐにって言うから、ほんとにすぐだと思って楽しみにしてましたのに、ちっとも来ませんでねえ、母親や父親が亡くなった歳より、あたしはもう十八、九年も長生きしてしまって、ほんとにまあ・・・。
 今になってみれば、もう、早く死のうとも思わないし、生きてるのが嫌だとも思いませんけれどね。
 だけども、その頃のあたしは、もう隠れ忍んで、自分の病気に屈託してしまっていて、一切なんにも頭に入らんのです。どうして家を抜け出そうか、どうやって死のうか、そのことばっかり毎日考えていて、他のことは思やしないんです。
 やたらに死んだらあとで家の者が迷惑するし、そうならないように、どこで死んだか、どこの人かわからないようにして死にたいものだ、それにはどうしたらよかろうかということばかり毎日考えていて、そのくせ、さて実行ということになったらなかなかできないものでねえ。
 当時は、この病気は血統だと言ってましたでしょ。だもんで両親が、うちの親族にはそんな病気はないって言い合っているんですよ。おまえの方にあって隠してるんだろうとか、こそこそ・・・それを聞いているのがつらいこと。
 だから、早く家を出たい、早く死にたいとそればかりなんですけど、両親が見張っていてなかなか出られないんです。ですから、おっかさんにも亡くなってもらった時は、ほんとに安心しました。親が亡くなってやれやれというのは変ですけど、ほんとにそうですよ。どんなにうれしかったかねえ・・・親不孝なことを言いますけど、ほんとに気持ちが軽々となったんです。
 それからすぐに家を出まして、それっきり帰らんのです。

 大磯で死にそこないましたろ、それで警察に泊められて、次の日に、もちっとむこうへ行って死にましょと思いまして、またいけませんでねえ。それから身延にあがるんです。



藤本トシさんの略歴
1901年2月5日、東京生まれ。1919年に発病し、民間病院に通院後、1925年、身延深敬園に入園。1929年5月、外島保養院に転所。1934年、室戸台風により外島保養院は壊滅状態となり、全生病院(現、国立療養所多摩全生園)に委託される。1938年、外島保養院が邑久光明園として再建後、帰園。園の機関紙「楓」の創刊後、短歌、詩、随筆などを投稿していた。1987年6月2日死去。随筆集『藤本トシ』(1970復権文庫)、作品集『地面の底が抜けたんです』(1974思想の科学社)。楓短歌会『光明苑』(昭和28年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ