FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  品川 清さん



さようなら
━━失格者のノート



わたしに 生きる場をあたえたひと言

━━空をいただいた山なみ 笹舟にメルヘンをながした小川 土橋 校庭の大欅 机のらくがき わたしのいのちとともにあるふるさとのすべてに

母にさえ ひとりこころに言わなければならなかった

「さようなら」!

あなたを そしてわたしを 生かしてくれたひと言

━━あのとき

あなたに 祈るように言った

「さようなら」!


「さようなら!」

行くことも

会うことも

あしたも

わたしに ただひとつのこされたことば

「さようなら!」

わたしの

生きるしるし━━。











切断した左足の葬いの日に


ひとすじのけむりになり

日かげに透き

そらにとけていった

わたしの片足


やがて 日かげのなか

ふるさとにつらなる空のなかから

すきとおるあおさと

あふれるひかりをあつめ

わたしのなかにかえってきた


しきりに ふるさとに近づくおもい

わたしのなかに

そらのあおさがあふれ

ひかげのあたたかさがみち

ふるさとは ひろがり ひろがる。









日記
━━1947年最終の記


しびれ くずれた わたしのししむらに あと数分で 又年輪がくい入ろうとしている おいつめられた わたしのこころを過去へ 必然へ 容赦なくきざんでゆく 振子のおと


━━きずついた童心をいだき 鉄の車に身をゆだねた・・・ あれから まる十一年 うしなった知覚 切れた指 くずれていく人のかたち ひとびとのことばが 音になって過ぎ わたしは いつのまにか ことばをうしなっていった・・・
ふるさと━━ それは ゆめにのみおとずれ 次第にふかく はっきりと わたしのなかにはきざまれてゆくものの うつつには あの星座より遠く


━━この夜半を ひとり聴入るふりこのおとに
ひしひしと 胸奥ふかく沁みこんでくることば
南のふるさとの島へ帰った友が わたしの手をみながら たわむれに言った
「こりゃー君 にんげんの手じゃないよ━━ハハハハハ・・・」
手だけではない もう手だけではないのだ いま居たら言ってくれるかもしれない いや わたしは言ってほしい

「いったい 君は にんげんか!━━」と。




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ