FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

生鮭を使った2品



IMG_3699_201806251926344dc.jpg IMG_3701_20180625192636394.jpg

生鮭のアラを買った。15秒湯通しした。


タジン鍋

IMG_3703_201806251926376f1.jpg IMG_3711_20180625193247290.jpg

タジン鍋の下敷きにエンサイとツルムラサキを置き、ナス、ピーマン、インゲンを食べやすい大きさに切って置き、サケを置き、生姜1片をすりおろし、ニンニク醤油で味付けし、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。


バター醤油


IMG_3705_2018062519274449f.jpg
 IMG_3707_2018062519260880d.jpg

熱したフライパンにバターを入れ、残りのアラに片栗粉をつけて置き、裏表5分ずつ焼いて火を消し、余熱3分で蓋を開け、醤油をかけて出来上がり。



甘いハーブティ
 
IMG_3693.jpg IMG_3695.jpg IMG_3697_20180625192734dcb.jpg  

左からセイジ、タイム、アップルミント、ステビアで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らし、全て取り出し、ステビアだけ戻し、さらに30分浸して出来上がり。



ラッキョの本漬け
  
IMG_3713_201806251926113bd.jpg IMG_3716_201806251926124c4.jpg 

10日ほど10%塩に浸しておいたラッキョは、さっと水洗いして、昨日、今日の2日間、天日に干した。

干したラッキョを瓶に入れ、ラッキョ1キロに対して酢500CCに砂糖140gを溶かし、さめたら瓶に注いで出来上がり。1ヶ月ほど経過したら食べれる。

合計で3キロと300gほど漬けた。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ