あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

沖縄愛楽園  南 真砂子さん




癒ゆる日に履かむと云いし短靴も納められたり君の柩に




「下車してはならぬ」条件にH氏病児等の見学旅行はついに許可されし




母となるを許されぬうつそ身をうべなひて醜き病の吾は
(うべなひては、肯定する、うなずくという意味)




吹く風にしきりに鳴れる盲導鈴の寂けき音に秋も更けゆく




木麻黄の秀の上の淡き暁の月炊事部員集合の鐘を吾が打つ




炊事夫におし唖者も交りて賑へる昼ひとときの仕事たのしも




掬ひたる砂利を掌に朝明けの静けき浜を歩みかへしぬ



南 真砂子さんの略歴
沖縄愛楽園。『陸の中の島』(1956年)『蘇鉄の実』(1965年)



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ