FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  つきだまさしさん(11)



道路は生活の顔である


この道路を通るのは

近郷の農民と

生徒と

敬愛園の職員と

患者たちである

近くに観光地はなく

金儲けにはならず

市街地図には悪路とは記してない


道路は生活の顔である


みてくれよ! 

どしゃぶりだと顔を沈めて

慟哭する小川になり

天気が続くと土埃りを巻き上げ

怒る砂漠になる


すると この道を通る

人びとの顔が

悪路の表情になる








美しい島をさがして
━五月十五日



沖縄よ

おまえ きょう

しんそこから うれしいか

おめでとう と

おれは言えぬから

おまえの こころ深くおりてゆく

沖縄よ そこには

おまえの屈辱が光っている

VOAは 汚れた音楽を

木の葉からも流しつづけ

空から降ったトレーラーの下敷になって

殺された少女もいて

エメラルドの海が

洗っても

削っても

岩礁の痛みは消えず

死臭をかくされて

沖縄よ

おまえへの おれのやさしさが

新しい炎となるとき

けっして青い空は忘れることがない

美しい島をさがして

かそかな翅音が

限りないおもいで━









ゆっくり歩こう
━医療の充実要求七・三デモ


<ハンセン氏病ってなんだい>

<公害病と違うか>

<らい患者だって>

とっくに解決し 東南アジアの救らいに乗りだしていたのじゃないのか


おれたちは 厳然と終わっていない

総裁入札に億の札束が飛び交う首都を

沖縄と青森からはさみ打ちに

日本のらいが ときならぬデモをする

いのちが いのちでなくなるとき

隔離と差別の政策を彫りこんだ後遺症の貌を

白日に指さし

自ら説明をしなければならぬ


去年 おれたちが使った医薬品等購入費は

一人一日平均 五六円六七銭

そのうえ 祝祭日は病気も休日にされて算定の基礎にないのだ

<医療の差別をやめよ!>

これは いま死にかけている病友の分

<医師をよこせ! いますぐだ!>

これは いま失明寸前の病友の分


近よらずに 警備の警官が

もうすこし早くというから

おれたちは 足の裏に傷をもち

おれたちは 垂足でびっこのように歩き

おれたちは 車椅子をおしてのデモだ

副指揮者のおれは後尾から先頭に呼びかける

<ゆっくり歩こう>


ここは 首都のどまん中というのに

おれたちのシュプレヒコールは

古井戸に反響した

首がだるくなるまで厚生省を睨み上げ

こぶしは その高さにとどいたが

冷房の窓は一枚も開かなかった


都民よ はじめてみただろう

日本のらいを

とくと見届けてくれ!



つきだまさし(濱田峰一)さんの略歴
1923年11月11日、長崎県に生まれる。高等小学校卒業。1942年4月22日星塚敬愛園に入所。1947年より詩作を始め、1953年詩誌「木馬」、1964年詩誌「らい」に参加。著書に詩集『川のない貌』(1975 私家版)、『物語・ものがたり』(2001 私家版)。


2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ