FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  つきだまさしさん(10)



六十年の証言



星塚敬愛園入所者数               1051人  

受療実態調査回答者数             800人

一年間に眼科治療を受けた者         413人

手・足・顔・植毛の形成手術を受けた件数  237件

これから形成手術を希望する件数      308件

傷のある者                       475人

足の裏傷がある者                 202人


傷の年数

半年~五年                142人

六年~十年                  16人

二十年                       5人

四十年                     2人

六十年                     1人

医師定員                  11人

実人員(園長・歯科医三人を含む)    8人


一人しかいない外科医がほしいのだ

一人もいない形成外科医がほしいのだ

一人もいない眼科医は絶対にほしいのだ

おれたちは 何一つ欲ばってはいない


死者と社会復帰者が

偽名を呼び交わして去った日

六十年もの傷が六月のひかりに浮きでた

おれたち 共産党員はじっーと羞じた


十七の娘のときから 七七歳

もう 傷なんてものじゃない

これは 歴史だ

これは 療養所の中の無医村の表札

これは 太陽が昇りはじめると暗くなっていく人間の部分である

これは 半世紀をこえる証言がこもって塞がらぬ

これは 現実と馴れ合った弁解を裁く唯一の論理

である


どうして こうも

おれたちらいは 過去の骨をしゃぶらねばならぬか!

高度の資本主義の狐火がつらなり

鹿児島から青森まで高速縦断道路が

昼と夜をつきぬけても

おれたちの 問いは法則になり

おれたちは 日本列島の岩をかむ荒波である


   らいは治る

   らい問題は解決した

   いっさいの特殊性は認めない

   東南アジアの救らいに眼をむける


確かにらいは治った

だが みろ!

二十年の 四十年の 六十年の傷は

足の裏で土を拒み

ひかりの色と明るさを忘れている

わかるか!

季節が肉や骨をむしりながら長くかかって

傷の中を移り過ぎるのが

一万人が九千人に滅びたところで

おれたち一人ひとりの

きょうの分担は少しも軽くはなっていない

偽名が雑踏の奥にかくれているから

死も埋葬されず終わっていないから


作業賃を稼がねばならず

生きる総重量を集約する足の 裏傷に

傷だから 薬をつけ ガーゼを当て ホータイをするだけには

現代はない

とりまくものの光と影を閉ざされた眼底の

なりゆきまかせの洗眼に

未来はない

それは 治すきびしさと 治るよろこびの

二つとも奪っている


療養所はいのちの不安を確認するところ

療養所に医者はいない

おれたちらいは 日本の医療の中にはいない



註一、一九六八年六月、日本共産党星塚支部の調査。
註二、穿孔傷を日常裏傷といっている。
註三、外科医一人は医務部長で、公務出張も多く、その時は、外科医は一人もいないことになる。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ