FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  つきだまさしさん(8)




三州バスセンターで

━鹿屋平和委員会結成準備会の帰途


僕は 闊歩する自衛隊員の間を通り抜け

脊髄を重く病んでいる平和について

触角の砥ぎ合わせをやり

帰りのバスを待った


空いている場所に腰かけたまでだが

僕のすぐ真向いの構内掲示板に

自衛隊員募集と 行方不明者相談の

ポスターが上下に貼ってあった


「この街は 自衛隊員の楽園ですよ」

一人の仲間が言った実感が

二つのポスターの構図を拡充していく

歴史からの逃亡者と

世相からの逃避者と

特攻の碑が建っている鹿屋の街は

どっかりと真空を抱き

平和の行方不明を宣言している


一時間以上待ち 街はうす暗くなった

あすへの起点に近づく時間を信じるから

僕は硬貨を落さぬように気づかいながら

切符を求め

どろどろの偏見の底に帰ってゆく


最終のバスが来て 僕は立ち上がった



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ