FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

駿河療養所  鈴木才雄さん




甲虫の髭が夜学の顔に触る




革命歌秋刀魚の骨を味つけ焼く




天皇制廃止のビラに梅薫る




机を並べ汗の平和のレポを績む




蟹のあぶく遺骨収集船帰る




点もせば秋燈暗いというもの発見

(17年間の失明より解放され、物の形と光と闇の判別できる一句)




穴に入る蛇にどんより睨まれる




安保阻止厳冬の辻に人並ぶ



鈴木才雄さんの略歴
大正2年6月2日静岡県天龍市生れ。小学校就学当時から子守、水汲み、蚕室の火の番、牛のまぐさ切りに従事。貧農の苦衷を味わう。小学4年のとき太田雪窓という老人に俳句の才を見出され歳時記二冊をもらう。昭和14年名古屋市の軍需工場で知り合った広山に俳句を勧められ俳句結社で指導を受ける。昭和15年上海で狙撃された広山の名を継ぎ、鈴木は拝名を「広山茂」とする。ハンセン病に罹り駿河療養所へ。療養生活10年余で句作3000句余りに達し、昭和38年『鈴木才雄句集』(窓第5集)を出版。これを期に再び鈴木才雄に戻る。共産党員入党後の作品は、時事問題を扱った政治性の強い句作が主となる。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ