FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

駿河療養所  館 寿樹さん




入所決めし吾を駐車場まで送り来し夜の舗道に父が靴音




あざみの雨に打たれて咲く様を哀しと思ひ別れ来りき




噛みしめる粥に故なく涙流る今日優しく介助され居て




小包に添へて母の写真来ぬ盲ひし吾を未だ知らぬらし




指翳し今朝も視力を試し見る寂しき仕草と吾が思ひつつ




吾の癩告げられし日に死んで呉れといひたりし父の涙も悲し




不肖の吾うみしを責めて
くしけずる油断ちましし母を淋しむ




社会復帰の目処なき
ままに我のあり庭の朽木に冷雨しみゆく




何時の日か失せゆく眼思いおり萌ゆる芝生の陽のあたたかし




眼裏にともるうらら日いとしみつつそよぎの中を衿たててゆく




これよりは癩者が住めり道標夜気をうつしてひっそりと立つ


館 寿樹さんの略歴
大正11年生まれ。昭和34年駿河療養所入所。「アララギ」所属。短歌会代表を長く務める。白島玲子の夫。『苔龍胆』第五集(昭和48年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ