あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

駿河療養所  鈴木一歩さん(1)



きはまりて静かなるこの冬の夜に隣り間の友のせきひびきけり




もろ草の萌えゐづる日も近からむこの芝山の地肌のぬくみ




かにかくに切断せずに癒えし吾がこの右足を日日に撫で見る




この秋は豊作ならむ思ひきり蜜柑の枝はきれと妻に伝へつ




病うちあけ離婚せまりし遠き日よ爪切りくるる妻も老いたり




花は実になるとしみじみ妻は言い藤の莢実を吾が手にのせぬ




語りつくしし妻は吾が傍に面伏して短き会いをまどろみている




農奴の如く鍬とる嫁のあればこそ安らぎて吾が病養う




ボルドー液蜜柑にかけ終え会に来し妻は畳に横臥し語る




病める眼に幻の如富士山が見えし年月もおぼろになりつ




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ