FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

巣箱を売ります

 

 20101206_027.jpg  20101206_041.jpg
   
 20101206_002.jpg  20101206_031.jpg

巣箱を10セット注文していたが、そのうち5セットを持ってきてもらった。

この画像で巣箱の全体像がわかりますか。随所に細かい仕掛けが施されており、説明図(下の画像)ももらった。

1セット(3.5段)を6千円でお売り致します。ご希望の方はメールで購入希望をお知らせください。県外でも宅急便等を利用してお送りできます(送料は購入者負担)。県内の方は引き取りに来て頂くか、近くなら木工作家がお持ちします。

器用な方なら1セット注文されれば、それを参考にして自分で作れるかも知れません。

イノシシやシカなら無防備で設置可能ですが、クマの出没するところでは蜂蜜は大好物なので設置はできません。


20101206_025.jpg  

巣箱の中は対角線に割り竹を置いています。簡単に取り外しができるように、画像をよく見て頂ければおわかりのように、割り竹を置くサンもついています。

  
   
  
  20101206_046.jpg

では、木工作家が書かれた設計図から具体的に説明いたします。

日本ミツバチ重箱式巣箱 仕様

全体の高さ・・・57センチ
箱の内径・・・・・24センチ
箱の外径・・・・・27センチ
板厚・・・・・・・・・15ミリ
中蓋・・・・・・・・・・4ミリのベニヤ板
巣門・・・・・・・・・・6.5ミリ×12センチ
巣箱1つの高さ・・14センチ
巣門のついた(最下段の)箱の高さ・・8センチ

今回の改良ポイント
※ 縦に夏場の出入り口をつけた。6.5ミリ×5センチ
※ 連結板(箱のズレを防ぐ三角形)→採蜜時の取っ手にもなる(巣箱の上にブロックの重しを置くのでなくても可)。

ミツバチ飼育は、数人の仲間と情報交換をしながら、もしくは指導を受けながら進めると、楽しく飼えて、農作業がそっちのけになるほど「はまる」。

巣箱設置等に関しては、私もしくは木工作家が電話やメールでご質問にお答え致します。 
 
ネットで「日本ミツバチを飼いたい」と検索すれば、いろんな情報があふれていて、近くで飼っている人が結構見つかると思います。

ゲットできる確率は1割で、キンリョウヘン(ミツバチを誘うフェロモンを出すラン)の花茎を巣箱の前に置けば確率は2割ほどにアップします。だから少なくとも5セットは設置した方がいいです。合計で3万円かかりますが、入らなくても翌年以降にそれがまた使えます。巣箱の上に雨よけの波トタンを置くので5年は十分に持つと思います。

器用な方は1セット購入すれば後は自分で作れるでしょう。季節ごとの作業ポイント等を書いたパンフレット(5枚)等もお渡しします。
 
日本ミツバチは近くに里山があればどこにでもいます。そして意外と簡単に捕まえれます。全くの素人である私でも5セット設置して4セットも入ったのですから。

西洋ミツバチと異なり、山の中の人目には目立たない花が重要な密源になるようです。
 
2030年 農業の旅→ranking

 

  
  
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ