FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  滝田十和男さん(4)



帰りきし吾がために打つ蕎麦粉解く母が皺ぶく掌を見守りいつ




母が焚く湯に浸りつつ思ふなり妻には帰る家持たざるを




相寄りし兄弟と母の蕎麦を食う育ちたる日の団欒のまま






親に遠く離れて病むもさりげなしわれら夫婦に慕い寄る少女





家系恥じいずれも家業棄てゆきて残されし母が七十を越ゆ






新幹線工事場に死す甥の名を記事に読みたり病む叔父われは




電報の来ることもなく関わりを拒む
同胞うからの悲しみ想う





金芝河の獄舎のなかにその節をまもり貫き冬は明けたり




屯田兵たりし祖父母の名も彫りて紛れもあらぬ妻が家の墓処






うた作る人は神経質すぎると我が訴えのあしらわれてきし




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ