FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

分蜂期がやってきた



IMG_1398_201803301727251a9.jpg IMG_1399_2018033017272707f.jpg

28日にキンリョウヘンの一輪挿しを置いた。この一茎以外はまだ咲かない。

ただ、この3日間、キンリョウヘンに来ている探索蜂を一度も見ていないので、分蜂はもう少し先だろう。



IMG_1394_20180330172758960.jpg

この群は強群(蜜蜂の出入りを見て判断)だが、まだ雄蜂の巣房の蓋が巣門の前に出て来ない。雄蜂の巣房の蓋が出てから1週間前後が分蜂の目安と思う。

なお、手前の方に見えるのは「分蜂板」で、画像のように杭や木に、市販の野地板を6等分して18個ほど取り付けた。




IMG_1385.jpg IMG_1388_20180330172755108.jpg

去年はこの1群しか分蜂せず(3群が春を迎えたが、他の2群は蜂児持ち出しが続き、分蜂しなかった)、それでも合計で5群捕獲(うちの元巣からだけでなく、他所から来たのもあると思う)できた。

今年は4群が健在で、まだ「蜂児持ち出し」はないので、今後も順調なら4群全部が分蜂してくれると思う。目標捕獲数は10群。



IMG_1393_20180330172756f25.jpg

山の2群は1日1回しか見回りできないが、田んぼにあるこの群は近いので、1日3~4回はチェック(雄蜂の巣房の蓋と、蜂児持ち出しの2点)している。


   

IMG_1405_2018033017272825b.jpg   

この群は去年の今頃、「蜂児持ち出し」が続き、分蜂もせず、消滅寸前だったが、奇跡的に生き残った。今春は4群の中でも最強群になっているので、第1分蜂、第2分蜂、第3分蜂、第4分蜂という4回の分蜂(たいてい1日間隔である)を期待している。近くに5つの「待受け箱」を設置している。


 
IMG_1407.jpg

山桜が、はや葉桜になっている。この山の斜面は眼下に池があり、子どもの頃には、葉タバコを植える急斜面の畑だった。

ここは名づけて「ミツバチ銀座」で、初めて待受け箱を設置した9年前、キンリョウヘンも置いていなかったのに、怒濤のごとく4群が入居した。あの時の興奮(感動)を今もひきずっている。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ