FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  佐藤一祥さん(2)



ほかほかと春陽射し入る病棟に手縫ひ作業の媼らは坐る




朝朝を釦かけくるる妻病めば吾が胸元の今朝だらしなき




病床ゆ起きむとする妻制しつつ吾は寄り伏し釦かけもらふ




ふつふつと沸ぎれる怒り息にのみ採決に敗れしルールにしたがふ




いくたびの激論の後に諾へる彼の握手の固きを受くる




面会の母に見るなと背を向けて手萎えの妻は芋むきそめぬ




癩園に学校あれど文化費を認める法はいまだ創られず




金魚売りが見るだけでもと見せ去れり廊下にこぼせし水滴涼しく




円筒のトタン義足は予備となし今日より革の義足つけたり




癩病める兄もつ故に肩身狭く生きゆくうからの写真見つめぬ




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ