FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  山崎玲子さん(1)



不思議な女


その女の顔は

会う度に変っていた。


天気のよい朝は

生き生きと輝き。


曇った昼は

抜けたようにぼんやりし。


雨の降る日は

怒ったように。


何物かを信頼し

何物かに抵抗するような眼を光らせていた


夜は

悪魔の真黒い誘惑の掌が

黄泉の国からのびて来る

絶望と苦悶の中で

悪魔とのたたかいに

女の胸ははりさけそうに痛み、


うつろなひとみには

不気味な蛾の

ゆるやかな羽ばたきが映る。


だが

再びこの地上に太陽が上ると

女は、

さらりと暗いかげを捨て

充実した一日の仕事に精を出す。


太陽が雲にかくれる度に

女の顔にも影がさす。


そして又、女には絶望の夜が来る。


だが

女は死なないで生きている。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ