FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  水野竹声さん(2)



療院に育ちて今や入学す




仰向いて歩く盲や花吹雪




さえずりの見えてたのしきベットかな




出来上がり来し銀喉管や春灯




誰か又逝きしもの音こだま返る




往診の所長と語るホ句の春




春惜むいくばくもなき餘命とぞ




話しつつ眠る盲や蚊帳の月




晩涼や明日断つ足をいつくしみ




緬羊のひろごる天を雁渡る




句友らが来ぬ夜はさびし秋蛾舞ふ




水野竹声さんの略歴
九州療養所 九州生まれ。町の造船所で働くなかハンセン病に罹り職を失い天涯孤独の身に。昭和3年、九州療養所入所。民子と結婚。昭和5年、故・河村所長の恩愛に触れ「草の花」俳句会に入会。宮崎草餅の指導のもと夫婦で句作に専念する。昭和9年、病が進み咽喉が冒され、「喉切り3年」と呼ばれる気管切開手術を受ける。病床に呻吟しつつ俳句を続けるが、『句集露草』(水野竹声・民子夫婦句集・昭和14)の発刊を見ることなく昭和12年永眠。民子夫人、夫の遺志を継ぎ同句集を発刊。合同句集『檜の蔭の聖父』(昭和10)。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ