FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

農業崩壊は自由化(TPP)以外の問題にある

99歳の日野原重明さん(聖路加国際病院理事長)が、「老人が若々しい新老人でいるためには、何歳になっても、今までやったことのないことに挑戦することが大事なのです」と新聞に書いていた。

つまり、何かに興味を持つことだが、大都会にいては(自然からかけ離れた状態で住んでいれば)、興味の対象は、さほど増えないような気がする。

農業をしていたら、それに付随するいろんな興味が不思議と湧き出てくる。

田んぼ訪問、景勝地訪問、見知らぬ土地の訪問(山村のドライブ)、棚田めぐり。


都会だったら、何かに興味を示したら、とたんにカネの心配が発生するように思うが、田舎だと、あまりカネを使わずに、上記のような楽しみが持てる。ガソリン代と缶コーヒーと昼飯代くらい。

そんなこと面白くもないという人も多いだろうが、全く面白くなくても、自分を何か夢中になれる環境におくためには、出歩く必要がある。
 
それはたった1人でできるし、1人の方が楽しめる。

最初から興味など誰もないと思う。何かやっているうちに残ったものが、自分にとっと興味があるものだろう。


楽しみや生きがいは結局、自分で見つけるしかない。

農業ばっかりせずに、今から、そういう視点で動くことが大事だと思っている。その方向が決まったら農業を止めてもいいと思う。止めてから探し始めたのでは、数年が無駄になる。そのためには半農半Xくらいに持っていく必要があるが、現実は厳しい。


定年後に何をするかは、定年前5年ほどで方向付けをしておく必要があるように、農業を止めてから何をするかは、止める5年ほど前から、経済的な問題も含めて関心の方向はある程度固めて置く必要がある。
 
えらそうなことを言っているが、自分のやりたい方向が決まっているわけではない。決まっても、カネがないからすぐには実行できない。どうするかを今後3~4年、考え続けていきたいと思う。
 
いずれにしろ、何かに無理やりにでも関心を持つようにしむける必要があるだろう。 
 


TPPはいろんな意見の対立で前に進まないと思う。

それなら日本だけ外れて、現状のままで行った方がいいのかというと、多くの人はそれに反対するだろう。

補助金をもらってきた人や組織の既得権益を打破することは難しいが、この国の過去40年ほどにわたる補助金のあり方が、日本の農業を崩壊に導いたことだけは事実である。

長く日本の農業は、自民党、農水省、農協が三位一体だった。

その失政が現在において表面化している。


農作物を関税なき完全自由化にしたら、大多数の日本人は購入する上での選択肢が増えるし、貧乏人は大助かりである。


稲作などすでに損得抜きでやっている人も多いから、自由化されようがされまいが、時間の問題で稲作は放棄されていくと思う。山ぎわではすでに、イノシシの被害により稲作を放棄する人も増えている。


今TPPに反対しても、近い将来、これではいけないという人たちが、民主党からも自民党からも出てくる。自由化は早い遅いの違いはあっても、いずれせざるを得ない状況ではなかろうか。 
 

自給率が下がることがそんなに大きな問題だろうか。輸入野菜が途絶えたら、国産も高止まりして、結局、貧乏人は手も足も出ない。そんな自給率など何の意味もない。いざとなったら自分で作らなければならなくなる。国内の自給率など何の意味もない数値である。


とにかく、農業の衰退を打破するには、完全自由化して既得権益を崩すことから始める必要がある。自由化が農業を崩壊させるのではなく、現状を続けることが農業をますます崩壊させる。


害獣の問題、里山の荒廃の問題、マツ枯れやナラ枯れの問題は、自由化とは何の関係もない。これらの問題を解決するには、補助金のあり方を変え、ベーシックインカム型の補助金にして、1人1人の生き方を変えていくしかない。


農業崩壊は自由化以外の問題にあるのに、さも自由化が問題のように置き換えている。


2030年 農業の旅→
ranking



このページのトップへ

コメント

はじめまして。

TPPについては、全く反対の意見です。
東北・北海道の米・大豆・畜産農家はほとんどつぶれるでしょう。海外から安価な農畜産物が大量に入ってきたらひとたまりも無いでしょう。
日本全国、同じ規模で同じ産直、宅配だけで食べていける農家って無いんですよ。
それに不作になったら、自国の農産物は輸出しませんからね。
私も「農業崩壊は自由化以外の問題にあるのに」という貴殿の具体的なお話を伺ってみたいです。

  • 2010/11/02(火) 11:24:21 |
  • URL |
  • テリー #trH/DPcE
  • [編集]

言われるように、農村をとりまく状況もまた、絶望的なありさまがあります。だから、私はこうする、こう生きる。というレベルの問題と、だから、このクニはこういう選択をすべきだという問題レベルは分けて考えた方がいい。「農業ばっかりせずに」他に何かを、は前者で、「補助金のあり方を変え」るべしは後者だ。既得権の上にあぐらをかいている人びとは、問題を分けてくれません。批判する者が分ける以外にない。私はそう考えています。

TPP批准が正解でしょうね。

何故かたどり着いてしまいました^^;
「農業と農村」がDNAの中核をなしている還暦間近の♂です。
長い間 農業と農村に関わってあがいてます。現在の農業農村が抱える問題の根本はご指摘のとおりかと感じます。
とりわけ、農水省の政策の巧妙さ。
平成6年のWTO合意に端を発した特別枠の6兆円が農村に何かを遺したか?
強い農家が残った話は聞いたことがありません。このあたりで、農村は農水省の魔力から逃れないと、、、、。滅んでしまいかねません。

  • 2010/11/03(水) 09:59:23 |
  • URL |
  • gun #-
  • [編集]

私も同感です。

私は農家ではありませんが、叔父が高齢な為、農業を辞めようとしています。この先日本の農家は衰退していく一方だと思います。そこで私は考えました。都会では就職できない若物であふれていると。後継ぎのない農業の方に人材を紹介する仕事を始めました。周りで困っている方がいらっしゃったら相談してください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ