あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

私のエッジから観ている風景



「私は誰なんだろう」と思う島


いつものように「晴天とら日和」さんのブログをスクロールしていたら、ふと、このフレーズに目が止まり、開いた。


昨晩は竹島のことが、訪問先のテレビに出ていて、「島」という言葉がオーバーラップしたかも知れない。


この島の問題こそ「両論併記」をしてもらいたい。一方的に日本側の主張だけ聞いていたのでは、隣家や隣人や隣国との関係は、決してうまくいかない。


そして、ブログ記事の「私は誰なんだろう」に呼応して脳裡に浮んだのは、どこからきて どこへゆくのか・・・というフレーズだった。




手は汚れていた。

けれど

水は

━━澄みきった深さ

しびれるほどの

生命の波紋で美しかった。


水は天に投げ、地に叩きつけても砕けなかった。

光を透かし

緑を匂わせていた。


どこからきて どこへゆくのか。

けれど

この胸の渇きのほど

水は生れ

無限に ほほえむかのように流れていた。

(長島愛生園 志樹逸馬さん)




この詩の中にある「どこからきて どこへゆくのか」というフレーズだった。


私は(そしてあなたは)、どこからきて どこへゆくのか



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ