FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

農業者一人一人がTPPに対して発信する時である

   
20101028_004.jpg 

農業をやめて他産業に従事することは比較的簡単なのに、他産業から農業に転身することはきわめて難しい。

田んぼがない、指導者が身近にいない、害獣が出る、作ることより売ることが難しい、農具や物置が必要、天候に影響されやすい。

年80万円ほどの年金型(ベーシックインカム)で支援しないことには、現役世代が農業に新規参入するのは難しい。
そして、こういう支援なしには、里山も農業も過疎問題も雇用も解決に向かわない。
 
今の農業補助金では、農業の衰退を加速するだけ。特定の農業者や法人への補助金集中から、浅く広く平等なベーシックインカムに移行する必要がある。 
 
既存の大規模農業者(集落営農)に毎年800万円を支援するなら、10人の農業参入希望者に80万円ずつ支援した方が未来志向である。

農業協同組合の歴史的役割もすでに終わっている。



昼間の1時間の昼寝は夜の2時間の睡眠に匹敵する。
 
昼間の1時間のブログは夜の2時間のブログに匹敵する。
昼間脳と夜間脳は違うような気がする。

ブログは夜だけでなく、あいた時間を小刻みに利用して、ただの30分でも昼間にツイッター風に打って残しておくと、夜が随分と楽である。ただ、言うは易し行うは難し。
 
昼に昼寝とブログの両方をしたら、農作業の時間などない。  

 

TPPに対して農業新聞は連日、批判や反対の嵐である。今日も、国民新党の亀井静香代表と、社民党の福島端穂党首が「日本の農業や地域が壊滅的な打撃を受けるのではないか」と反対する考えを示したと書いてあった。 


多くの専業農家はあまりTPPの影響は受けないと思う。すでに地域の直売所やスーパーの産直に活路を見出しており、これらの地域の人たちは「地産地消」の観点から輸入農産物の価格にはさほど影響されずに、少々高く感じても、地元産に手を伸ばすだろう。

従来通りの補助金を続けるなら、ますます農業は衰退する。

莫大な補助金を投下しても明細が明らかにされず、補助金を投下した効果の検証もない。

TPPに参加すれば、消費者はもちろんのこと、生産者にもかなりの恩恵がある。地場産は逆に脚光を浴びるだろう。

TPPに参加し、戸別所得補償も合わせて従来の補助金のあり方を抜本的に見直すべきである。


食べ物はある程度は個人が自給(プランター等でも少しは自給できる)すべきものである。

大規模農家や農業法人や認定農家は、経済至上主義の農業をせざるをえない。里山や環境には何の貢献もしない。

TPPに反対していたら、諸外国からとり残されてしまう。

こんな鎖国主義を今後も取り続けるなら、農業以外の産業も崩壊する。

ただ、北海道農業だけはTPPの話が進めば大きな影響が出るだろう。先日の選挙で民主党が負けたのは、「政治とカネ」よりも首相のTPPの発言が影響したと思う。

それでもTPPに参加する必要があると思う。

農業者の一人一人がTPPに対して発信する時である。政治的無関心ではいけない。 


2030年 農業の旅→
ranking


  


 




このページのトップへ

コメント

「諸外国からとり残されてしまう」TPP参加に賛成の理由の説明が足りないように思います。「諸外国の何からとり残される」のでしょうか。政府の試算によれば、自給率は14%に劇的に減少するとしています。
ベーシックインカムにより、支えられる農業生産物は、誰が消費するのでしょうか。
里山を守り、国土を保全するためだけの要員として、農民を位置づけるというお考えなのでしょうか。いま少しの論理展開をお聞かせ下さい。

素晴らしい

  自給率が14%に落ちるとか何を根拠に言ってるの?と思ってましたが、現役の農業従事者からこうした言葉、それも実感を込めた言葉を聞くと頼もしいし嬉しく思いますね。
  反対派は農業が弱いとの前提でものを言ってるようですが、それがどれだけ根拠があるのかちょいと調べてやろうと思います。
  前向きな発言を支持します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ