FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  入江章子さん(1)



過ぎて来てさかりなる日は短しと沁みて思へりひとにもわれにも




自転車は降りて押すべし畑なかの道に
雲雀ひばり子出でて遊べば




亡きひとの居まさむあとの埋めがたく声無く遊ぶ二人の幼




壁一重隔てて住めば柱時計五分遅れて夜すがら聞ゆ




ここにして終る一生とおほよそに決りて仰ぐ阿蘇冬枯るる




満蒙開拓青少年義勇軍たりし夫が残留の孤児の白髪をわびしみて見る




五位鶯の短かく鳴きて過ぎし闇いまのうつつに涙こぼるる




ふるさとの鈴鹿の空ゆ大和までけぢめもあらず雲たちわたる




亡きものとなりゐるわれと知りたりし虚しさにゐてえびわた抜く




地に墜ちし雀を今朝は見たりけり枝をつかまぬ脚はさみしも




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ