あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  芝 精さん(3)



世の人の働く金に養はるる吾が行末をさびしく思ふ




北風は硝子戸ゆすり雪となり部屋に籠りてひと日を過す




診察を待ち合ふ友と後遺症の曲りし手の指撫で合ってみる




薬にてわが足洗ひつつ看護婦の日日の暮しの苦しきを言ふ




おだやかに日の射す庭に菰敷き盲ひの吾れを看護婦が呼ぶ




看護婦の手押車に押されゆく日射し暖き冬の野のうへ




ほほづくし鳴き立つころは妻と娘を置きて来し日の甦る




探りつつ棚に並びし所持品も整へ終りて新年迎ふ




草刈りを友等の終へし中の道白杖つきて清清とゆく




色づきし林檎の下と告げくれて盲ひの吾れはただにわびしき




2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ