あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  山口秀男さん(1)



鶴嘴つるはしを握りて炭坑やまに働きし頃のわが身を臥しつつ思ふ




一枚のすだれの影に長病みの身をよこたへていのちながらふ




病むゆゑに逃るる如く別れ来し君は二人の子の母なりといふ




老い母の細き腕にスコップ持ちて得し金なればおしいただきぬ




夢にみし父は石炭掘りいますカンテラの光り顔に照りつつ




あられ降る今夜も石炭選りゐむか母の送りしこの五百円




堪え難き午後のしづけさに窓といふ窓みなあけて心しづまる




病み崩ゆる身のさびしくて茜映え寄りあふ雲に母を恋ふるも




子を思ふ君と日課のごとく行く龍田の寮の見ゆる丘の上





2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ