FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

巣門の掃除

 
 20101015_026.jpg  20101015_002.jpg  20100929_003.jpg 

いつもはうっかりして撮れなかったが、今日は巣門掃除の画像を撮った。

最近は2~3日に1度は開けて掃除をしているのに、いつもこれくらい「巣クズ」がたまっている。巣の塊もしばしば落ちている。
 
ミツバチの巣は重箱の最上段から下に向かって巣を伸ばす(作る)ので、いらない巣クズが下に落ちる。

この巣箱は「巣虫」にだいぶやられてハチ数が減っているのに、画像のような大量の「巣クズ」が落ちている。 

ミツバチはスムシとも戦っているようで、巣の塊の中には巣虫の幼虫がたくさんいた。巣の中にいるミツバチの幼虫もいっしょに落として、巣虫退治をしているようだ。

こんなに巣クズが落下するのだから、少なくとも2週間に1度くらいは掃除をしないと、巣虫が繁殖してしまう。

ミツバチの扱いに慣れていなくて、これが今までできていなかった。

2030年 農業の旅→
ranking


 


  




 


このページのトップへ

コメント

危険な状態です~(-_-;ウーン
いずれ消滅か逃去の可能性が高いですね。(^_^;)

  • 2010/10/15(金) 21:16:58 |
  • URL |
  • スロー人 #qbIq4rIg
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ