FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  森 光丸さん(1)



秋冷えのしるけき朝や丸丸と肥えたる芋の洗はれてあり




草深き田舎の村に豆を打つ調子揃ひて昼静かなり




逢ふたびに手紙来ずやと聞く我に笑顔してゆく文くばり人




六十路にて文字習ふとふ母そはの仮名書きの文見れば淋しも




稲作の今年はよしとちちのみの力こもりし文とどきけり




久久の姉の便りは長長と罫の外まで書き続けあり




昼ふけの庭に干したるさや豆の時折りはじく音のひそけさ




こしかたの話など聞き日の縁に翁と二人糸まきて居り




離り来し故郷恋ひつ母恋ひつ泣く子ほとほとすかしあぐみぬ




すこやけき人は仕事に就くならむ汽笛寂しく聞く朝かな






2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ