FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  水原 隆さん(5)




隣人の死したる騒ぎ病む友に聞かせじと吾が部屋の戸をさす




喉を病む身はかなしけれ子らがする花火にむせて咳き入りにけり




仕送りのありにし頃は人並に社友となりて歌を学びき




下駄の緒に鈴つけたれば友等皆猫のあだ名を我れにつけたり




心して杖ふりにけり朝顔の蔓伸びしてふ庭の垣根に




手を触れて通ふ廊下の窓硝子のしみて冷たき冬となりにし




眼をぬきて痛みは去りぬ物忘れせし心地にて今朝は寝て居り




病み籠る身には親しも小夜更けて餅引くらしき鼠の音も




母そはに一度会ひて死にたしと願ひしことも遂にむなしき




現身の胸に注射をさされつつ病篤きを今朝知りにけり




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ