FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  石川 孝さん(3)



吾が胸に打ち込む如し今朝逝きし友の柩に打つ釘の音




秋の風病みの身に泌む夜のくだち山の向ふに汽車の音すも




故郷の籾種蒔きは今ならむ我が窓遠く蛙鳴くなり




(在満州幼児の思ひ出)
瓦斯の火の淡く映れる夜の街鞭音高く走る支那馬車




満州の冬はたぬしも夜となればペチカの前に話にぎはふ




手さぐりに通ふ眼科の長廊下盲の域に我れ入らむとす




病床に薬紙もて折るものか母ゆ習ひし此の紙の鶴




適齢の兵事郵便受取りし病の床に胸はつぶれつ




兵役の免除願に筆とりて病み臥す床に吾が名署るせり




兵役の免除願に要すとて初めてほりし認印かも




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ