FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

里山など、農業者は見向きもしない

農業は環境破壊の側面も大きいと思う。

畔にも水田にも除草剤を使い、化学肥料を多投し、もしくは畜糞の捨て場になり、農薬も使う。
 
「水田は生物多様性の宝庫」と言えるだろうか。

里山も、農業者の大半は見向きもしない。利用できるものはほとんどないし、多少利用できても重労働でメリットが少ない。

自分の場合も20年間、山にはほとんど上がらなかった。必要なかったし、とにかく作物に集中しないと、最低限の収入にもならなかったから。


もうそろそろ、ぼう~っとした時間を過ごしたいが、まだ状況がそうなっていない。


一昔前のように自給できるものもなく、自給しようとするとかえって高くつく。築60年ほどの家屋と、90アールほどの田んぼと、30アールほどの山林でも、固定資産税と火災保険料だけで、年間10万ほどかかる。

山水(簡易水道)もあるが、上水道と下水道だけで月間に9千円ほどかかる。電気代も月間に1万円は軽く超える。

農業では食べれない。だから田舎の人は家庭菜園はしても、職業としての農業はしない。



20101010_003.jpg 20101010_033.jpg 20101010_016.jpg

自分は結構はまっているが、ミツバチ飼育は人にはあまり勧めれない。

第一、手間ばかりかかって、日本ミツバチはビジネスにはならないと思う。

分蜂で増えた蜂を巣箱ごと売るにしても、日本ミツバチは移動先ですぐに逃げ出す可能性が高い。

採蜜は、画像の5段ある重箱の最上段の箱が、年に1回もしくは2回しか採蜜できないし、定期的な巣虫の掃除と、ペットボトルのスズメバチトラップを常備する必要もあるし、1日1回の見回りも必要だと思う。

だから、疑似体験ですませてほしいと思う。




 20101010_042.jpg 

ヤギも疑似体験でとどめておいた方がいい。好物の木の葉を与えようとすると手間はニワトリの「5倍以上」かかるし、長生き(平均寿命は15年)だし。 

目的のヤギ乳に至るには、オスを探し、生まれた子ヤギをどうするか(買い手は少ない)、加えて乳しぼりの時間を捻出する必要がある。

飼い始めた以上、運命を共にするしかないが、同じ飼うならニワトリの方が、卵、野菜残渣の処理、手間がほとんどかからないという三拍子がそろっている。
20年ほど飼っているがニワトリは負担に感じたことがなく、ニワトリがいると畑がいつもきれいになる。   
      

ミツバチの見回りをして、ヤギを外に出したりしていたら、瞬く間に時間が過ぎた。「2年前はどちらもいなかった」と、ぼう~っと考えていたら、また、あっという間に時間が過ぎた。

 2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ