FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  綾井 譲さん(2)



庭桜すでに一葉をとどめざる木の間に見ゆる冬潮の色




「お母さん僕を忘ないで下さい」と書く童の手紙見つつかなしゑ




はればれとマスクはづして物を言ふ看護婦とゐて親しさのあり




健かにあるやと訪ね来る人のわれになけれど生きてありたし





小見山もわれも不自由になりにけり小脇にショベル用ひつつ思ふ




指なき己が双手を膝にして人を恋ふにはせつなかる夜や




旅人の思ひを乗せてゆく船か春ぬばたまの霧に濡れつつ




渡されたる選挙用紙が有難きものの如くに
須臾しゅゆ思はれつ




苦しくはなきやとたづねやる毎に衰へし掌を合せゐし妻




亡き父母のみもとにゆくを喜びて死を待つ妻と夜明したり




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ