FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  綾井 譲さん(1)



癩院の女男の契りははかなしも子を産むと言ふ慣しもなく




誰かまたわが名を書かむ柩旗君の弔旗を書きつつ思ふ




疲れたるわが官能を刺激して女ひとりが過ぎゆきにけり




飯崎吐詩朗兄とその妻
青潮のひたひた寄する真白砂踏むべくはなく逝きし君はや




くだかけの雄の一羽がなが啼ける声さびさびと海渡るらし




故岩田副婦長
葬列の人すぎゆきてまたもとの浜辺にかへる松原の道




カニューレ→呼吸困難なる重症者は切開し、僅かにその管に生命をたのむ
咳けど咳けど切れざる啖かまじまじとなす術もなく見て佇ちて居つ




林先生
噫つひに一人の旅に出でましき庭の糸瓜に雨ふれる音




すがすがと鉄砲百合の咲く頃は吾も健かに生きたかりけり




ゆうべ死にし友の名前は朱に書かれ食事異動の伝票が来つ




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ