FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  朝 滋夫さん(1)



あやまたず同じ草同志が受胎する野のひろがりに恍惚とゐる





やうやくに朝のミルクを飲み終るしとどに鼻の先濡らしゐて





諦めてゐるとはいへど白き杖を握りしめしときまなじり熱し






うしろより妻が見守るわれの試歩限りもあらぬくらがりを踏む






暑き路を探り来て杖に重くふれし風なき昼のその草いきれ





いま友が立ち去りてゆく靴のおと聴覚及ぶ範囲より消ゆ





瞳の底のうつつに光溢れたり医師のことばもくるめくまでに
(大島青松園に「神の手を持つ眼科医」が赴任してきたようだ。その後、この医師は各地の療養所をまわられた)



眼先まなさきにさし示されし指二本たしかにし見ゆまぼろしならじ





<十年振りにお目に掛かります>と吾が妻に拙く言ひて目頭熱し





目を患みていついつとなく忘れゐし鼻こする妻の癖にまた遇ふ





2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ