FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  笠居誠一さん(4)



義足はき朝夕に西瓜を見に通ふ趣味耕作も重労働なり




療園の幾変遷を生きて来し机に歌集とバイブルがあり




己れの病知る大方は死にたえし故郷の町頭をあげてゆく




両親に別れて島に病める児に何の慰安ぞ鯉幟こいのぼりたつ




癩を病む親を憎みて自らの生命たちたり若き学徒は




塩分の無き水が欲し結晶するやかんの口の塩落しつつ




おかっぱの髪を吹かれて准看の生徒が風の中走り来る




松の花粉に汚れし廊下に指の無き足形残し友は去りゆく




社会復帰の友に握手の力が入るおいらの分も働いてくれ




夜釣りする舟に女の声ありて入江は月のかげ静かなり





2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ