FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  笠居誠一さん(1)



天涯の孤独が寄りて癩園に結ぶちぎりを人赦しませ




断種してちぎりし友も年老いて子が欲しと言ふ心諾ふ





かぎりなく視野ひらけくる岬に来て病の癒ゆる錯覚に佇つ





遺骨すら拒否せる親が若干の遺金は受けて口をつぐめる





胸に手をくみて眠れりこのままの姿勢に死ねば倖せと思ふ





健康の良きが有利な位置を得て不自由者の意見握りつぶさる





キリストの奇蹟信じる吾ゆゑに彼等に愚弄されて生き行く





ぱぴぷぺぽ言えなくなりし唇を映す鏡に顔がひづめる





トロを押す女土工の野生美に年甲斐もなく吾が心うごく





法網にがんじがらみにしばられて患者は生ける屍となる





2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ